三井のスポット

ハレクラ二沖縄
全室50㎡超&オーシャンビュー
最上級の休日を“新しい沖縄”で三井不動産のラグジュアリーリゾートホテル
「ハレクラニ沖縄」が開業

「ハレクラニ」とはハワイ語で「天国にふさわしい館」。ハワイで100年以上の歴史を誇る上質さはそのままに、“おもてなし”と融合したラグジュアリーリゾートが日本に初進出。
サンセットウイングロビーなど、館内のいたるところから輝く海を堪能できる

世界トップクラスの
ラグジュアリーホテルが誕生

2019年7月26日、三井不動産傘下であるラグジュアリーリゾートホテルブランド「Halekulani(ハレクラニ)」は、世界で2カ所目となる「ハレクラニ沖縄」を、沖縄県恩納村で開業した。開業に先駆け、7月23日に行われた記念 セレモニーでは、三井不動産の菰田正信社長が挨拶し、「美しいロケーションに恵まれたこの地ならば、ハワイのような素晴らしいホテルを作り上げることができると確信しています。大切な方と心から楽しんでいただける時間と、一生思い出に残る体験ができるリゾートの運営を目指していきます」と述べた。

開業記念セレモニーでは菰田社長(写真中央)らがテープカットを行った

ハレクラニはハワイを代表するラグジュアリーホテルとして、100年以上の歴史を持つ。ハレクラニならではのホスピタリティを継承しながら、ハワイと同様に規模は大きく、一室の広さは50~294㎡(スイートは76㎡から)を誇り、メインプールの面積も約2倍。開放的でゆとりある館内に、風と波音が心地良く入り込む。

ここでしか味わえない
楽園リゾート

全360室の客室すべてがオーシャンビュー。ハワイと同じように白を基調とした部屋は、窓の向こうに広がる海と空の青を深く感じられる。ゲストルーム、スイートルームのほか、プライベートプールと温泉が完備されたヴィラが5棟。各部屋にはフレグランスメーカーROJAとコラボしたオリジナルのアメニティ類が揃い、バスタイムにも極上の癒しを演出。施設内装花やインテリアグリーンは、〝至福の華〞をテーマに三井不動産グループの第一園芸がデザインコンサルティングを担い、鮮やかさを添える。

レストラン&バーは、ミシュラン2つ星シェフ川手寛康氏が手がける、沖縄食材をつかったイノベーティブ「シルー」をはじめ5施設。日本料理やステーキ、野外でのバーベキューなど多彩なグルメだけではなく、レストランごとにがらりとかわる内装や催しで、舌だけでなく、五感を楽しませてくれる。

白い砂浜とエメラルドグリーンの海を眺められる屋外プールは、リゾート内に4つ。降り注ぐ太陽の光にきらめく水面はまさに楽園。世界的なリゾートとして注目を集める沖縄に、中長期滞在を可能にする多彩な施設構成で“新しい沖縄”を提案する「ハレクラニ沖縄」。一度訪れたなら「またここに帰りたい」と思わせてくれる地上の楽園だ。

ゲストルーム

広さ50㎡からのゲストルームは、全室テラス付き。ビーチフロントウイング、サンセットウイングに5つのタイプが用意され、滞在スタイルに合わせて選ぶことができる

スイートルーム

ハレクラニ、オーキッドなどスイートの種類も豊富で、部屋ごとに魅力も多彩。写真のオーシャンテラススイートではリビングルームの2面のワイドウィンドウから雄大なパノラマビューが楽しめる

オーキッドプール

目を引くオーキッド(蘭)の美しいモザイクは、150万個のタイルが使用されておりその大きさも圧巻。SUPヨガの体験などもでき、沖縄の空と風を感じながらリラックスできる

イノベーティブ SHIROUX

沖縄食材をつかったオリジナリティあふれる料理が堪能できる。海辺を思わせる白とエメラルドグリーンで内装を統一した。シルーとは沖縄言葉で「白」のこと

スパハレクラニ

クオリティの高いヒーリング効果で、ハワイのハレクラニでも人気のスパトリートメント。上質な癒しを体験できる

解説/Halekulaniとは

ハワイ・オアフ島のワイキキビーチにおいて三井不動産グループが開発し、現在も所有・運営するラグジュアリーホテル。そのルーツは1881年に遡り、100年以上の歴史のなかで世界中から高い評価を得ている。

INFORMATION

ハレクラニ沖縄

[所在地] 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真1967-1

[URL] https://www.okinawa.halekulani.com/

[アクセス]
・那覇空港より沖縄自動車道で約75分
(屋嘉I.Cより名護方面へ約21km北上) ・一般道利用の場合は国道58号線で約90分
・マップコード:206 380 478*14

※上記の内容は2019年10月15日時点の情報です。
出典:三井グループ・コミュニケーション誌『MITSUI Field』vol.44|2019 Autumn より

バックナンバー