会員会社

三井金属
MITSUI MINING & SMELTING CO., LTD.

奈良時代養老年間の昔から1200年以上の歴史と東洋一の規模を誇った神岡鉱山。1874年(明治7年)、三井組がこの鉱山の経営を開始したことが当社事業の起源です。

以来、国内外で鉱山開発・製錬事業を展開、さらには様々な廃棄物から有価金属を回収するリサイクル製錬を展開・強化し、産業の基礎素材である亜鉛、銅、貴金属などを安定的に供給し続けています。

また、「マテリアルの知恵を活かす」というスローガンのもと、素材技術の深化により生み出された排ガス浄化用触媒、銅箔、ITOターゲット、自動車用ドアロックなどの商品は世界トップシェアの一角を占めており、ハイブリッドカーなどのエコカーに使用される電池材料も開発・製造しています。

これからも三井金属は、価値ある商品によって社会に貢献していきます。