三井の特集

三井広報委員会
活動紹介パンフレット (5MB)
イメージ

世界を変える仕事で会おう。 Mitsui Mirai Meeting 2018

三井百科

8月4日は「ビヤホールの日」

写真

日本初の「恵比壽ビヤホール」

日本記念日協会にも認定されている8月4日の「ビヤホールの日」。明治32年(1899)に日本初のビヤホール「恵比壽ビヤホール」が開業したこの日はサッポロライオンの創業日として、系列店では毎年、ビール半額セールを実施している。

サッポロビールの前身・日本麦酒の経営再建を託された旧三井物産出身の馬越恭平は新しいビールの外食形態「ビヤホール」を発案。明治32年8月4日、東京・銀座の新橋際に「恵比壽ビヤホール」を開店させた。ジョッキは500ml、つまみは大根や佃煮。本所や深川など下町からも多くの客が訪れ、ヱビスビールの販売戦略として大成功を収めた。

後に日本麦酒、札幌麦酒、大阪麦酒の三大ビール会社は大日本麦酒に大合同し、社長に就任した馬越は「東洋のビール王」として名を馳せた。

大日本麦酒の外食部門の流れを汲むサッポロライオンでは創業100周年に当たる平成11年(1999)に8月4日を記念日として申請。当日はビール全種類が半額のほか、銀座や新宿の旗艦店ではサンバガールが舞い、ビヤホールを熱狂的に盛り上げる。

※ 法的には旧三井物産と現在の三井物産には継続性はなく、全く個別の企業体です。

(2015年7月3日更新)