会員会社ニュース 2018年

12月13日号

日本橋三越本店でおせち販売盛況
既に60種完売・予約は12月24日まで

三越伊勢丹ホールディングス(杉江俊彦社長)の日本橋三越本店では、本店限定の約160種類を含む約360種類のおせちを販売。既に60種類以上が完売するなど、好評を博している。

一番人気は昨年に続き京都の老舗「たん熊北店」の和風三段重(32,400円)。京料理ならではの薄味に加え、四季の趣向を凝らした。二番は同じく京都の老舗「美濃吉」の和風三段重(32,400円)。数の子の味付けや2日間煮込んだ子持ち鮎などが高い評価を得ている。三番は「巨匠のコラボレーションおせち」(41,040円)。和洋中の3人の巨匠が監修した定番おせちで、「和」は銀座の名店「神谷」が初めて担う。最高額は「吉兆」の特別三段(324,000円)。

団塊世代を中心に2〜3人前の少人数向けが販売を伸ばすなか、今年は4〜5人前も好調で、子どもや孫と一緒に食べる帰省中のおせち需要が増していると見られる。

三越本店の売れ筋価格帯は25,000円から3万円前後。予約受付は12月24日まで。

  • 完売必至の数量限定おせち

    完売必至の数量限定おせち

三井住友信託が経営承継支援を持分会社化
中小企業の事業承継M&Aを支援

三井住友信託銀行(橋本勝社長)は、事業承継に悩む中堅・中小企業の顧客の支援を強化するため、褐o営承継支援との間で業務・資本提携に関する契約を締結した。経営承継支援の株式23.8%を取得し、持分法適用会社とする。

同行は提携により、事業承継M&Aニーズをもつ顧客に対して、経営承継支援と協働した支援を行う。また、事業承継M&Aを支援した顧客に対しては、三井住友信託銀行による事業承継後の資産運用の支援を行う。

「団塊の世代」にあたる中堅・中小企業経営者が70代を迎えており、後継者不足による廃業が深刻な社会問題化している。こうした状況下で想定される、親族外への事業承継(事業承継M&A)ニーズの拡大に対し、今回の業務・資本提携による相互の顧客紹介共同セミナー開催等の協働活動を推進することで対応する方針。

純バイオジェット燃料の合成設備を建設
東洋エンジニアリングが4者共同で製造実証

東洋エンジニアリング(永松治夫社長、TOYO)と三菱日立パワーシステムズ、中部電力、JAXAは共同で、木質系バイオマスを原料とした純バイオジェット燃料合成用の製造実証設備の建設に着手する。

中部電力の新名古屋火力発電所構内で既に着工しており、2019年度中の試運転開始、2020年度中の検証運転開始を目指す。

純バイオジェット燃料は、100%バイオマス原料から製造する航空機用燃料。今回の事業はCO₂排出量削減を目的とした、NEDOの委託によるもの。

TOYOは一酸化炭素と水素から触媒反応を用いて液体炭化水素を合成する「マイクロチャンネルFT合成技術」や「合成油改質技術」を担う。

実証設備は0.7t/日の木質系バイオマス処理能力と約20l/日の純バイオマス燃料製造能力を備える。実証結果に基づき実用規模の適正化を検討し、高効率・低コストのバイオジェット燃料製造技術確立を目指す。