会員会社ニュース 2018年

11月29日号

一橋大で「フランクリン文庫」企画展
1974年に三井系22社が3億円で寄贈

一橋大学は社会科学古典資料センターの設立40周年を記念し、経済学の世界四大文庫にも数えられる貴重書コレクション「フランクリン文庫」の入手経緯をまとめた企画展「プロジェクトF」を開催。東京都国立市の同大学附属図書館で12月7日まで一般公開している。入場無料。

フランクリン氏は1972年に死去したが、生前交流があった日本の書店社長により一橋大に購入話が持ち込まれた。一方で競売にかけられる動きもあり、世紀の貴重書群の分散に危機感を抱いた一橋大は、OBで当時の三井物産・水上達三相談役(元社長・会長)に支援を要請。

その後、三井物産をはじめとする三井系22社が約3億円、当時の文部省が5,000万円を拠出して一括購入し、一橋大に寄贈された。

「プロジェクトF」ではフランクリン文庫を改めて周知するとともに入手経緯に脚光を当て、三井グループの支援を再評価している。

  • 企画展「プロジェクトF」の内観

    企画展「プロジェクトF」の内観

  • 寄贈当時を伝える三友新聞

    寄贈当時を伝える三友新聞

LIXIL社食で「和食の日」イベント
エームサービスが和の魅力を再発信

エームサービス(山村俊夫社長)は11月22日、東京都江東区のLIXIL社員食堂で「和食の日」イベントを開催した。

一般社団法人和食文化国民会議によって、11月24日が和食の日として定められている。これにあわせてエームは11月を和食月間とし、和食文化国民会議およびオリンピック・パラリンピック等経済界協議会と連携して、2016年から全国の食堂等受託施設で「和食の日」イベントを実施してきた。

昨年は約1,000の事業所で15万食以上を提供。同規模の実施が見込まれる今年はさらに、農林水産省が提唱する官民協働事業「Let’s!和ごはんプロジェクト」とも連携し、LIXILでは提供メニューの一つ「みやざき地頭鶏ときのこの香ばしステーキ」のレシピや、照焼たれ、味噌煮などを作る際の調味料配合割合などをチラシで伝えた。醤油や顆粒だしの配付も行われ、手軽に作れる和食の周知と、育児世代による家庭での調理促進を図った。

  • みやざき地頭鶏のステーキなどを提案

    みやざき地頭鶏のステーキなどを提案

日本ゴールボール選手権開催
JA三井リース・SMBC信託が支援

JA三井リース(古谷周三社長)とSMBC信託銀行(藏原文秋社長)がオフィシャルサポーターを務める一般社団法人日本ゴールボール協会主催の、「日本ゴールボール選手権」が11月17〜18日、足立区総合スポーツセンターで開催された。

ゴールボールは視力障碍者向けに考案された競技で、選手は目隠しを着用し、鈴が入ったボールを互いのゴールに向けて投げ合い、音を頼りにプレーする。

両社からは、2日間で述べ約100人ずつの社員が会場に訪れた。SMBCグループ各社からも役職員が参加し、入場時や得点シーンの際などに、両社のロゴが入った特製の応援バルーンを打ち鳴らして大会を盛り上げた。

大会は予選を突破した男子6組、女子4組が出場。男子は昨年に続き「Amaryllis」、女子は「国リハLadiesチームむさしずく」が優勝した。

優勝から3位までのチームには、両社が用意した特製の鈴入りメダルと目録を授与した。

  • JA三井リース、SMBC信託の応援

    JA三井リース、SMBC信託の応援

展覧会「国宝 雪松図と動物アート」開催
三井記念美術館で12月13日から

三井記念美術館は12月13日から展覧会「国宝 雪松図と動物アート」を開く。三井家旧蔵の館蔵品の中から絵画や茶道具、工芸品など動物にまつわる作品群を展観。新春恒例の国宝「雪松図屏風」は全期間展示する。1月31日まで。

東洋美術において、動物は様々な形で表現されており、展覧会では正月にふさわしい鶴をはじめ、鯉や昆虫、さらには想像上の龍、獅子、鳳凰も含めた幅広い動物作品を揃える。

「岩上群猿図屏風」「雪中松に鹿図屏風」を描いた森狙仙(もり・そせん)、山口素絢(やまぐち・そけん)はともに三井家が支援した円山派の絵師。鹿は七福神の一人で長寿を司る神「寿老人」が連れていることから、長寿や富をもたらす象徴として商家にも親しまれた。

中国の画家・沈南蘋(しん・なんぴん)の「花鳥動物図」からは11幅のうち、動物が描かれた6幅を抜粋。特別出品の長沢芦雪筆「白象黒牛図屏風」は今回が初公開となる。

入館料は一般1,000円、年末年始は12月26日から1月3日まで休館する。