会員会社ニュース 2018年

11月22日号

「小心者は小ジョッキ」500回記念ツアー
ヱビスビール記念館に読者招待

サッポロビール(島英也社長)と三友新聞社は、本紙好評連載中の「二杯目で〜小心者は小ジョッキ」が500回を迎えたことを記念して、11月7日、東京・恵比寿のヱビスビール記念館で、読者招待による「エビスビール記念館ツアー」を開催した。

当日は9社18名が参加。連載著者の端田晶・サッポロビール文化広報顧問と交流しながら、ビールの試飲や歴史の解説を楽しんだ。

まずは端田氏によるユーモアたっぷりの解説で歴史的な展示品が並ぶ「ヱビスギャラリー」を見学。その後、ラウンジで缶ビールを美味しく飲むための「3度注ぎ」を端田氏が実演。参加者とともに盛大に乾杯し、喉を潤した。試飲後は講演が行われ、端田氏は1,600人もの芸者を通じた馬越のビール広報戦略を紹介。「体を張ったビール営業の志は私も持っているが、芸者遊びはできなかった」などと話し、会場は終始笑いに包まれた。

参加者からは「連載と同じ語り口で、生の声は文章よりも、さらに面白かった」などの声が聞かれ、ツアーは盛会のうちに閉幕。館内の売店では「小心者」の収録本を求める参加者も多く、端田氏はサインの希望に応じつつ、読者と和やかに歓談した。

  • 端田氏による「3度注ぎ」の実演

    端田氏による「3度注ぎ」の実演

世界初開発の定着システムで工程短縮
三井住友建設と住友ベークライト

三井住友建設(新井英雄社長)と住友ベークライトは、共同でプレストレストコンクリート(PC)の緊張材として用いるアラミドFRPロッドの定着具として、新たに高強度プラスチックの定着システムを世界で初めて開発した。

住友ベークライトの高強度プラスチック技術を用いた特殊くさび構造の定着システムを共同開発し、即座の定着を可能にした。緊張作業における工程を1工程あたり3日短縮し、作業効率を向上させた。また、従来の定着システムは使い切りだったが、同システムは繰り返しの使用が可能で、環境負荷低減と低コスト化を実現する。