会員会社ニュース 2018年

11月1日号

日本橋三越本店がグランドオープン
店内刷新し接客体制を強化

三越伊勢丹(杉江俊彦社長)は10月24日、大規模改装を終えた日本橋三越本店をグランドオープンさせた。150億円を投じ、内装や販売員・接客サービスなどを大幅に刷新した。

本館1階は「白く輝く森」をコンセプトに建築家・隈研吾氏がデザイン。巨大な「迎え花」はベルギーの世界的フラワーアーティストとして知られるダニエル・オスト氏が手掛けた。三越の象徴「天女像」がある中央ホールは、総合案内窓口「レセプション」にリニューアル。各階には商品に精通したコンシェルジュが常駐する「パーソナルショッピングデスク」を設けた。

接客サービスでは販売員を320名に拡充。ガイドが来店目的を聞き取り、各階のコンシェルジュに繋ぐ。販売員は携帯端末で情報を共有。顧客管理システムを通じた購買履歴などから商品提案力を高める。

三越本店の昨年度の売上高は1,553億円。2020年度には1,650億円に引き上げる計画。

  • 隈研吾氏がデザインした本館1階

    隈研吾氏がデザインした本館1階
     

  • コンシェルジュが要望に応えるパーソナルショッピングデスク

    コンシェルジュが要望に応える
    パーソナルショッピングデスク

骨盤ベルト一体型の機能性ズボン
東レが「腰囲周当」販売開始

東レ(日覺昭廣社長)は、腰に負担がかかる労働者向けに、骨盤ベルト一体型の機能性ズボン「腰囲周当(よういしゅうとう)」を、ユニフォームメーカーや商社等を通じて販売する。

医療・介護福祉施設、運輸業、製造業、建設業等に展開し、少子高齢化社会での「働く人の健康と安全」に寄与する新市場を、サポーターとユニフォームが融合する領域で創出する。

骨盤ベルトを作業ズボンと一体化させ、日常的な中腰の動作等に潜む腰痛リスクの低減を図る。従来の骨盤ベルトに比べ着脱が容易で、装着位置も自然と正しくなる。

価格は一般の腰部サポートベルトと同等程度の見込み。2019年に1万着、2022年に5万着を販売する計画。

  • 腰囲周当

    腰囲周当

青海工場に新事務所
デンカが中枢機能集約

デンカ(山本学社長)は、同社の主力工場である青海工場(新潟県糸魚川市)で、新総合事務所「Omi Innovation Hub」を10月25日に竣工させた。

新事務所は、これまで青海工場敷地の内外に点在していた約300名のスタッフ部門を集約。現場とコミュニケーションしやすい未来型のレイアウトを採用した。青海工場のハブ(中枢)として同工場の一体的・機能的な運営を実現するとともに、部門間の連携の促進を図る。

施設内には、歴史や製品を紹介する展示スペースなど、地域に開かれたオープンスペースも設けた。近隣住民や地域の小中学生のデンカに対する理解や交流を深める。

青海工場は大正10年(1921)開設。推定埋蔵量50億tといわれる全山石灰石の黒姫山を背景に、カーバイドなどを生産している。

  • Omi Innovation Hub

    Omi Innovation Hub