会員会社ニュース 2018年

10月18日号

中国大手と造船事業で合弁
三井E&S造船と三井物産が出資

三井E&Sホールディングス(田中孝雄社長、旧三井造船)のグループ会社である三井E&S造船(古賀哲郎社長)と三井物産(安永竜夫社長)は、中国造船大手の揚子江船業と造船事業の合弁会社を設立する。三井E&S造船が海外に建造拠点を持つのは初めて。

新会社は来年4月に設立する計画で、3社間で10月10日に協定書を締結。中国江蘇省の揚子江船業太倉工場敷地内に、新会社の工場を整備する。揚子江船業は中国の民間造船会社最大手で、巨大設備と安価な人件費を背景として製造能力に強みを持つ。そこに三井E&S造船の技術力、三井物産の営業力を融合し、厳しさを増す造船市場に活路を見出す。

新会社では、まずはばら積み船の建造を進め、最終的にはLNG船の建造を目指す。中国による石炭からLNGへのエネルギー転換を筆頭に、アジアにおいてLNGは現在進行形で需要が伸びている。その輸送手段であるLNG船需要を狙う。

  • (左から)三井E&S造船・古賀社長、揚子江船業・任元林董事長、三井物産・瀬戸崎毅モビリティ第二本部長

    (左から)三井E&S造船・古賀社長、揚子江船業・任元林董事長、
    三井物産・瀬戸崎毅モビリティ第二本部長

国内外で段ボール工場建設
王子HDが150億円投じ

王子ホールディングス(矢嶋進社長)は、カンボジアの首都プノンペンに総額約30億円を投じ、新たに段ボール工場を建設する。

海外事業の拡大を推進している王子HDは、同国で既にグループ会社のHPIリソーシズ社が段ボール事業を展開しており、同国内での段ボールシェアはトップ。プノンペン市内及び同国南部の港湾都市・シハヌークビルに工場を持つ。新工場で3カ所目となり、さらなるシェア拡大を目指す。第3工場の生産能力は約800万m²/月。2020年1月に稼働予定。東南アジア・インド地域では23カ所目の段ボール製造拠点。

また、王子グループの森紙業は、千葉県船橋市に新たに段ボール工場を建設する。約120億円を投じ、生産能力は約2,000万m²/月。2020年4月から稼働予定。

インターネット通販の拡大などで増加している国内需要を取り込む。

富山に50MW級バイオマス発電所
東洋エンジニアリングが一括受注

東洋エンジニアリング(永松治夫社長、TOYO)は、バイオマス発電事業の開発・運営を行うエクイスバイオエネルギーが富山県高岡市に計画する、50MW級バイオマス発電所の建設プロジェクトを受注した。来年春に建設を開始し、2021年秋頃に電力供給を開始する計画。

主燃料には、乾燥した木材を粉砕し、長さ数cm程度の円筒形に圧縮成形した木質ペレットを使用する。発電設備には、蒸気タービンを回した蒸気をすぐに排気せず、ボイラーで再加熱し使用することで高い発電効率を実現する「再燃方式」を採用。TOYOは発電設備一式の設計と機器資材調達、建設工事、試運転までを一括で請け負った。

今回の受注は、TOYOが春に受注した茨城県の50MW級バイオマス発電所に続く、木質ペレット利用の第2号案件。