会員会社ニュース 2018年

9月27日号

商船三井がフィリピンに商船大学開校
アジア最大級施設を三井住友建設が施行

商船三井(池田潤一郎社長)は9月12日、フィリピンにアジア最大級となる4年制の私立商船大学を開校させた。建物は三井住友建設(新井英雄社長)が施工。初年度は300名が入学した。

大学名は「MOLマグサイサイ・マリタイム・アカデミー」。商船三井と現地の財閥系企業・マグサイサイグループが共同で出資する。首都・マニラ近郊に13.2haの広大なキャンパスを構え、建物は宿舎棟や複合棟、訓練船の外観を象った「シップ・イン・キャンパス」など。学生は航海科・機関科で150名ずつ。卒業生は商船三井とマグサイサイで採用する予定。

船舶の運航技術が高度化するなか、商船三井は自営の商船大学を持つことで、良質な船員の確保と育成の強化を図る。新入生が卒業する2022年以降は、年間約150名程度のフィリピン人船員の採用を目指す。

  • 船を象った訓練施設「シップ・イン・キャンパス」

    船を象った訓練施設「シップ・イン・キャンパス」

広島駅ビルにビヤホール
「銀座ライオン ekie広島店」開業

サッポロホールディングス(尾賀真城社長)の外食チェーン・サッポロライオン(三宅祐一郎社長)は9月6日、広島市南区にビヤホール「銀座ライオン ekie(エキエ)広島店」を開業させた。広島駅ビル商業施設・エキエの飲食ゾーン・エキエバル内に出店。席数は64席。

ビールは「黒ラベル」をはじめ、各種「ヱビス」、樽生のプレミアムビール「エーデルピルス」などライオンならではの品揃え。伝統技術の「一度注ぎ」で提供する。注ぎながらグラス内でビールを回転させることにより余分な炭酸ガスを抜き、雑味を泡に閉じ込め苦みを抑え、すっきりとしたのど越しに仕上げる。

フードは通常のビヤホール料理に加え、広島グルメでは定番の「牡蠣」「小いわし」「がんす」などの食材を使用した地元限定メニューも提供する。

営業時間は午前11時から午後11時。平均予算はランチが1,000円、ディナーが3,500円。

  • 銀座ライオン ekie広島店の内観

    銀座ライオン ekie広島店の内観

三井ホームへのTOB終了
三井不動産が所有株約95%に

三井不動産(菰田正信社長)は9月18日、三井ホーム(市川俊英社長)へのTOBを終了し、結果を公表した。約250億円を投じて、約2,551万株を取得。所有株の割合をTOB前の57.5%から94.8%に高めた。三井不動産は残りの株式も取得し、三井ホームを完全子会社化する方針。三井ホームは東証一部上場廃止となる。

三井不動産はグループ住宅事業の連携を進めるほか、大規模木造建築の施設や北米の海外住宅事業で競争力を強化する考え。近年は戸建、マンション、中古、賃貸、リフォームのグループ各社営業拠点を集約するなど、住宅事業の一本化を推し進めており、三井ホームが手掛ける非住宅分野の高齢者施設や保育施設の大規模木造建築でも相乗効果を発揮させる。

三井ホームは1974年に三井不動産、三井物産、三井農林の共同出資により設立。木造のツーバイフォー工法を国内に広めた草分けとして知られ、これまでに累計約22万棟を建設してきた。