会員会社ニュース 2018年

9月13日号

「ラゾーナ川崎」全面改装
新規30店・11月29日開業

三井不動産(菰田正信社長)は、川崎駅直結の大型商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」を全面改装する。食物販を中心に神奈川初出店を含めた30店を新たに誘致した。11月29日にグランドオープンさせる。

施設の大規模改装は2012年以来、6年ぶり2度目。103店が新規・改装オープンする。今春から通路の拡幅や人工芝の敷設などの改修に着手しており、現在、改装休業中の「グラン・フード」は川崎駅の周辺施設としては最大級となる85店の食物販街になる。このうち、新規30店は有名シェフが手掛ける話題のスイーツや老舗和菓子、人気惣菜などの店舗を集めた。また、レジを集約するなど、スーパー・フードコートの回遊性も高める。

施設は三井不動産と東芝(綱川智社長)の共同出資により、2006年に開業。約330店が営業している。

  • 「グラン・フード」リニューアル後イメージ

    「グラン・フード」リニューアル後イメージ

日本橋三越が再開発第1期グランドオープン
10月24日・「おもてなし」徹底

三越伊勢丹ホールディングス(杉江俊彦社長)は、昨年から着手している日本橋三越本店の第1期再開発について、10月24日にグランドオープンさせる。

今般のリモデルでは、本館1階を大きく改装。建築家の隅研吾氏をデザインディレクターに迎え、「白く輝く森」をコンセプトに、重要文化財の本店建物と現代のデザインを融合させ、利用客を出迎える。

またサービスをさらに充実させ、経験豊富なスタッフを「ガイド」と「コンシェルジュ」に任命。『今だけ、ここだけ、あなただけ』のおもてなしを徹底していく。

具体的には、コンシェルジュ90人、ガイド100人、得意先担当130人の320人を配するほか、買物スペースやサロンを充実させる。

また、新たな仕組みとしてデジタルを活用。ウェブから事前にサービスや販売員などを確認し、予約することで、要望がガイドやコンシェルジュにも連携され、案内や提案の準備が行われる「one to one」の接客を実現していく。

  • 浅賀誠本店長(中央)とガイド・コンシェルジュ

    浅賀誠本店長(中央)とガイド・コンシェルジュ

三井E&Sがトンネル検査車両開発
時速80kmで0.2mmのひび割れ検出

三井E&Sホールディングス(田中孝雄社長、旧三井造船)傘下の三井E&Sマシナリー(岡良一社長)は、特殊車両の製造や各種計測技術を手掛けるトノックスと、トンネル覆工表面を高速かつ高精度で撮影可能な検査車両「トンネルキャッチャー3(TC3)」を開発した。今月から運用を開始する。

TC3には高精度ラインセンサカメラを搭載し、取得画像のカラー化と、日本コンクリート工学協会が定める「コンクリートのひび割れ調査、補修・補強指針」の基準値である0.2mm幅のひび割れの検出を可能にした。さらに、高速道路でも規制を必要としない時速80kmでの計測走行を可能とするなど、調査の高速化・高精度化を両立させている。

三井E&Sマシナリーはこれまで、トンネル覆工コンクリート内部や背面の空洞探査業務を行ってきた。TC3により表面と内部の一括調査が可能となるほか、検査データの共有・統合により、トンネルの健全性に関する判断の高度化も期待できる。

  • トンネルキャッチャー3

    トンネルキャッチャー3