会員会社ニュース 2018年

8月2日号

大牟田市で「大蛇山まつり」開催
三井グループ各社が「総踊り」に参加

三井発展の礎となった三井三池炭鉱があった福岡県大牟田市で「第57回おおむた大蛇山まつり」が7月14日からはじまった。

14日には、三井松島産業が運営する三井港倶楽部で関係者により神事・式典を開催。倶楽部に隣接する三川坑跡などで各種振興イベントが実施された。

28日には最大の見せ場「1万人の総踊り」が行われ、地元企業や団体など大勢の人々が「炭坑節」や「大蛇山ばやし」などの音楽に合わせて踊り歩いた。

三井グループからは、大牟田に拠点を持つ三井化学、三井金属、三井三池製作所、三井生命、三井E&S環境エンジニアリングの5社から総勢500名以上が参加。この日のために練習を重ねた各社は、息の合った動きで熱気を振り撒きながら踊りを披露、沿道の観衆からは盛んな拍手が送られた。例年参加しているデンカは、今年は参加を見送った。

8月11日には、石炭産業科学館や帝京大学福岡キャンパス駐車場等で花火大会が開催される予定。約7,000発が大牟田の夜空を彩る。

  • 三井化学

    三井化学

  • 三井金属

    三井金属

  • 三井三池製作所

    三井三池製作所

  • 三井生命

    三井生命

  • 三井E&S環境エンジニアリング

    三井E&S環境エンジニアリング

デンカが本社オフィスリニューアル
オープンスペースで社内交流促進

デンカ(山本学社長)は、「ICTを活用した未来型オフィスの実現」をコンセプトとした本社オフィス(東京都中央区・日本橋三井タワー)のリニューアルを実施した。

オフィスのリニューアルは、今年度からデンカが進める経営計画「Denka Value-Up」における「革新的プロセス」の一環。フロア構成や執務スペースは「社内コラボレーションの活性化」と「業務の生産性向上」を目的として設計した。8階に営業部門、10階を管理部門とし、受付と会議室を9階に配した。

9階のエントランスは会社の顔としての機能を持たせ、白を基調に爽やかな朝のイメージで刷新。受付は同社として初めて有人化し、顧客のおもてなし強化を図っている。

また最も大きく変わったのは、社員・部門間の交流を活性化させることを狙ったコミュニケーションエリアの新設。各階フロアの中央にオープンスペースを設置して、社内コラボレーションを促進する。特に8階は営業4部門が入居しており、部門間の積極的な交流が図られている。

  • 10階コミュニケーションスペース

    10階コミュニケーションスペース

  • 9階エントランス

    9階エントランス

カスタマイズ動画で火災保険を案内
三井住友信託・三井住友海上などが開発

三井住友信託銀行(橋本勝社長)と三井住友海上(原典之社長)は、伊藤忠テクノソリューションズと、火災保険説明動画「どこでもすまいの保険ガイド」を共同開発した。8月から三井住友信託の全店で運用を始める。

三井住友信託の住宅ローン利用者が対象。三井住友海上の火災保険「GKすまいの保険ローン団体扱用」の概要を、利用者の物件情報や年齢などの特性に合わせてカスタマイズした動画で、火災保険について説明する。

利用者は不要な説明を聞く手間が省けるうえ、PCやスマホなどでどこでも視聴可能なため、契約に関する負担も軽減される。