会員会社ニュース 2018年

7月19日号

日本橋三越本店が10月に第1期改装オープン
150億円投じリニューアル

三越伊勢丹ホールディングス(杉江俊彦社長)は、再開発中の日本橋三越本店を10月24日に第1期開業させる。第2期は2019年度の予定。重要文化財の本館及び隣接する新館は2017年度から大改装に着手しており、150億円を投じてリニューアルする。

第1期の対象エリアは新館1階の特選、本館1階の化粧品・雑貨・特選、本館3階、本館5階のラウンジなど。衣料品など一部の売り場を減らし、ギャラリーを増設する。環境デザインは建築家の隈研吾氏が手掛けた。

サービスでは顧客向けのラウンジを新設するほか、婦人やリビングの各階の入り口に「ウェルカムゲート」を設け、専門知識の豊富な80名のコンシェルジュを配し、要望に応える。このほか、フロアやブランドの垣根を越えて案内できるガイドが全館を横断し、顧客一人ひとりへの接客体制を整える。

  • リニューアル後の1階ライオン口

    リニューアル後の1階ライオン口

  • 5階には顧客向けラウンジを設けサービス向上を図る

    5階には顧客向けラウンジを設けサービス向上を図る

東大の資産活用で協定
三井不動産・SMBC・日本総研

三井不動産(菰田正信社長)、三井住友銀行(燗誠頭取CEO、SMBC)、日本総合研究所(渕崎正弘社長)は、東京大学と、同大学の資産活用に関する協定を締結した。

協定は、4者が東大の世界最高水準の教育・研究を維持・発展させ、成果を社会に還元するため、東大が保有する資産の有効活用について連携協力することを目的とするもの。

主に「不動産の有効活用、並びに周辺地域を含めたバリューアップ戦略」「研究成果等を活用した産学連携の推進」「資産の有効活用等による中長期的なキャッシュフローの向上、並びに資金調達方法の多様化」について、相互に連携・協力する。

7月9日に締結式が催され、五神真東大総長、菰田社長、渕崎社長、SMBC・森省輔専務執行役員が出席し、協定書に署名した。

  • 森専務、五神総長、菰田社長、渕崎社長

    (左から)森専務、五神総長、菰田社長、渕崎社長

サウジ油田開発の契約延長
東洋エンジニアリング

東洋エンジニアリング(永松治夫社長)は、サウジアラビアのカフジジョイントオペレーションズ(KJO)と2002年から締結している包括エンジニアリング契約を延長した。延長は今回で3度目。今後5年にわたって、カフジ・フート油田におけるKJOの事業を支援する。

包括契約は、設備計画の提案や基本設計業務にとどまらず、新規油田開発や既存油田の増進回収の計画業務も含み、さらに操業に至るまでの事業全般の支援業務までを行うもの。

東洋エンジニアリングは油価上昇により投資案件が増加傾向にある昨今の状況に対応し、今後も油田操業に向けたトータルサポートを提供しビジネス領域を拡大していく方針。