会員会社ニュース 2018年

6月28日号

油田開発支援船事業を強化
三井物産・商船三井が共同出資

三井物産(安永竜夫社長)と商船三井(池田潤一郎社長)は、海底油田工事の支援船事業を強化する。このほど、ノルウェーの海洋事業大手グループのアコフス・オフショアの株式を25%ずつ取得した。出資金額はそれぞれ80億円。支援船3隻を運用し、ノルウェーやブラジルに貸し出す。

三井物産、商船三井、アコフスの3社は2016年に合弁会社「アビームサブシー」を設立。海底油田設備の設置・保守・撤去などを担う「サブシー支援船」の事業に乗り出し、ブラジルの国営石油会社・ペトロブラスに1隻を貸船している。

今後はアビームサブシーをアコフスの完全子会社とした上で、アコフスが保有する既存のサブシー支援船2隻と合わせ、計3隻を運用する。2隻はペトロブラスに貸船中で、残りの1隻はノルウェー企業に貸船する予定。

  • サブシー支援船

    サブシー支援船

アテンザで車輌内装材に世界初採用
東レのスエード調人工皮革

東レ(日覺昭廣社長)のスエード調人工皮革「Ultrasuede nu(ウルトラスエード ヌー)」が、「マツダ アテンザ」の上級機種「Lパッケージ」のインストルメントパネルとドアパネルに採用された。「ヌー」が車輌内装材として使用されるのは世界で初めて。

「ヌー」は、車輌内装材に求められる染色堅牢度や耐摩耗性等の機能性と、スエードタッチのきめ細かく滑らかな風合いや銀面調の豊かな艶等の感性を両立させた素材。その特長を活かしてアテンザのコンセプトを具現化し、落ち着きの中に軽やかさを感じるブラウンと華やかさのあるホワイトを実現したことで、マツダのデザインの素材に対するこだわりと合致すると評価され、採用に至ったもの。

  • 「ヌー」が採用されたインストルメントパネル

    「ヌー」が採用されたインストルメントパネル

三井越後屋ゆかりの藤岡神輿を展示
日本橋三井タワーで7月7日から2日間

江戸時代に奉納された三井越後屋ゆかりの神輿が7月7日から2日間、日本橋に「里帰り」する。

呉服業を営む三井越後屋が当時、上州絹の仕入れ先であった群馬県藤岡市の諏訪神社に納めたもの。地元に残る文献や公益財団法人三井文庫などの研究から近年、御輿の由緒が明らかになった。「男神輿」「女神輿」の一対の2基があり、「女神輿」は損傷が進んでいたが、「男神輿」は今も地元の「藤岡まつり」に登場する現役で、200年以上にわたり担がれている。

「男神輿」は2013年の神田祭で日本橋に「里帰り」を果たし、昨年は日本橋三越本店新館の日本橋口に展示された。今回は修復を終えた「女神輿」とともに、男女一対の神輿が初めて日本橋を訪れる。

展示会場は日本橋三井タワー1階アトリウム。展示期間は7月7日正午から午後7時、7月8日午前9時から午後3時まで。

  • 日本橋に里帰りする藤岡神輿

    日本橋に里帰りする藤岡神輿