会員会社ニュース 2018年

1月18日号

沖縄にも「ハレクラニ」
三井不動産が19年夏に開業

三井不動産(菰田正信社長)は、沖縄県恩納村で推進中のリゾート計画のホテルブランドを「ハレクラニ沖縄」に決定した。グループが運営するハワイ・ハレクラニに続くもので、伊武部ビーチに面した13haを開発。2019年夏の開業を目指す。

同社は2015年に沖縄県恩納村で中断していたリゾート開発を承継。今回、2施設目となるハレクラニとして、初めて自社ブランドのラグジュアリーホテルを国内に開業させる。

計画地は国内屈指のビーチリゾート・恩納村の中でも、1.7kmの海岸線に面する絶好のロケーション。地上10階、360室のホテルを建設する。

全室オーシャンビューの客室とし、プール、スパ、レストラン、バーなど多彩な付帯施設を設ける。交通は那覇空港から車で75分。

三井不動産は伊勢志摩にある「ネムリゾート」「鳥羽国際ホテル」など、各地でリゾート事業を展開。沖縄県内では、八重山諸島・小浜島でリゾート施設「はいむるぶし」を運営している。

  • 完成予想図

    完成予想図

三越伊勢丹でバレンタイン商戦始まる
日本初上陸や味覚検定チョコも

三越伊勢丹(杉江俊彦社長)の各店舗で1月下旬からバレンタイン商戦が始まる。日本橋三越本店では新規25ブランドを含む、110ブランドを展開。「ジャン・ポール・エヴァン」の高級チョコや浮世絵をあしらったアートチョコ、味覚力を試すユニークな味覚検定チョコなど、多彩な限定チョコを取り揃えた。

日本味覚協会による「味覚検定チョコ」(10個入り2,139円)は甘・塩・酸・苦・旨味の五味を食べ当てる味覚力チェックチョコ。包みはどれも同じで、どの味がするかは、食べてからのお楽しみ。「答え」も同封されている。全問正答率は10%。

銀座三越でも66ブランドを取り扱う。注目は日本初上陸の仏チョコブランド「ショコ・オ・キャレ」。仏国内では昨年開店したばかりの新ブランドにもかかわらず、大ブームを巻き起こしている。斬新な色彩のキューブ型が特徴で、「ショコラアソート」(16個入り7,344円、8個入り3,780円)などがある。

伊勢丹新宿本店でも95ブランドを用意している。三越伊勢丹各店のバレンタインフェアは1月24日から2月14日まで。

  • 「ジャン・ポール・エヴァン」の高級チョコは18,900円

    「ジャン・ポール・エヴァン」の高級チョコは18,900円

  • 味覚力が試される「味覚検定チョコ」

    味覚力が試される「味覚検定チョコ」

  • 日本初上陸の「ショコ・オ・キャレ」は銀座三越限定

    日本初上陸の「ショコ・オ・キャレ」は銀座三越限定

三井住友海上ゴミ拾い駅伝
2月18日開催・参加者募集

三井住友海上(原典之社長)は2月18日に、本店のある東京都千代田区で「第4回三井住友海上ゴミ拾い駅伝」を開催する。

「ゴミ拾い駅伝」は、ゴミを拾いながら決められた区間を走行して襷をつなぐ、誰でも気軽に参加できる社会貢献イベントで、2006年から全国各地で実施されている。「三井住友海上ゴミ拾い駅伝」では、同社の駿河台ビルを中心に神田川や靖国通り沿いの計3区間を走り、ゴールまでのタイムと拾ったゴミの量で順位を競う。

当日は、同社女子陸上競技部の選手がサポーターとして参加し、走者と一緒にゴミ拾いを行うほか、ストレッチ指導やランニングに関するアドバイスを行う予定。

イベント詳細や参加方法はイベントサイトまで。