三井の特集

三井広報委員会
活動紹介パンフレット (4.4MB)
イメージ

SPOT

NEMU HOTEL & RESORT

大自然に抱かれる体験を

写真

三重県・伊勢志摩で三井不動産グループが運営する『NEMU HOTEL & RESORT』。
日本の原風景ともいえる雄大な自然を堪能することができ、地元の山海の幸を味わえる食事や贅を凝らした温浴施設で、日ごろの疲れを癒やせるリゾート施設だ。
近年、ホテルやレストラン、ゴルフ場をリニューアルし、より快適に過ごせるようになった同施設を紹介する。

自然を五感で満喫する伊勢志摩のリゾート

2016年5月にG7サミットが開催されたことで一躍脚光を浴びた伊勢志摩。なかでも風光明媚で日本の原風景ともいわれるのが、約60の島々が浮かび、日本有数のリアス式海岸の景観を誇る英虞(あご)湾を臨む大崎半島。その大崎半島の先端に『ネム ホテル&リゾート』(旧合歓(ねむ)の郷)はある。2007年から三井不動産が同施設を所有しており、2013年4月から大規模なリニューアルを行ってきた。250万㎡もの広大な敷地には、「ホテル ネム」に加え、伊勢志摩の大自然を活かしたさまざまなアクティビティが楽しめる自然体験エリアや、2015年10月に小林浩美さん(日本女子プロゴルフ協会会長)の監修のもと、リゾート感あふれるシーサイドコースに改修した『ネムゴルフクラブ』などで、上質の時間を満喫できる。また、所有する敷地内に世界トップクラスのラグジュアリーブランド・アマンを誘致し、2016年3月に「アマネム」がオープンした。

「ホテル ネム」の客室からは美しい海と森林のパノラマを楽しむことができ、鳥のさえずりや木々を吹き抜ける風が、日常を離れた安らぎを運んでくれる。自然を身近に感じられるアクティビティには、専属のインタープリター(自然案内人)やヨガインストラクターらもおり、ガイド付きの里海散歩や英虞湾をシーカヤックで渡るツアー、沈みゆく夕日を眺めながらのサンセットクルージングなど、他では味わえないプログラムが満載だ。

また、地元の旬の食材をふんだんに使った食事と、癒やしの温泉も、「ネム」ならではの楽しみ。

日常の喧騒から離れて、自然の懐に抱かれながらゆったりと時を過ごせて、老若男女問わず楽しめる。家族の記念日や自分へのご褒美に、忘れられない思い出をつくってみてはいかがだろうか。

ゴルフで、食事で、温泉で特別な癒やしの時間を過ごす

写真

『NEMU GOLF CLUB』は、リニューアルを経て伊勢志摩の自然を満喫できるコース設計を実現。海に向かってショットする感覚を味わえるティーグラウンドや、海越えのチャレンジングなコースなど、景観を楽しみながらプレーできるような工夫が随所に凝らされている。

写真

2016年3月にオープンしたばかりのレストラン『里海』では、松阪牛や伊勢海老、鮑など、伊勢志摩の山海の幸を存分に味わうことができる。季節ごとにメインの食材が変わるため、それを目当てに再訪を計画する人もいるそうだ。

写真

「HOTEL NEMU」内の温浴施設『恵みの湯KIYORA』では、ここでしか味わえない癒やしを楽しめる。敷地内に源泉を持つ天然温泉『潮騒の湯』、『ミキモト コスメティックス』と共同開発した美容成分たっぷりの『真珠の湯』、ネムノキの成分が溶け込んだ『合歓の木湯』と、3つの湯めぐりで心身ともに癒される。

※上記の内容は2016年10月15日時点の情報です。

(三井グループ・コミュニケーション誌『MITSUI Field』vol.32|2016 Autumn より)

■INFORMATION

NEMU HOTEL & RESORT
住所: 三重県志摩市浜島町迫子2692-3
アクセス: 伊勢自動車道「伊勢西I.C」より、伊勢道路(県道32号)経由で約50分、または伊勢自動車道「玉城I.C」よりサニーロード経由で約50分
URL: http://www.nemunosato.com/