三井の特集

三井広報委員会
活動紹介パンフレット (4.4MB)
イメージ

未来へつなぐ 三井の教育貢献活動

日本総研で教育政策分野を専門とする池本さんに聞きました 学校外教育の重要性について教えてください

変化していく社会のなかで「生きる力」を育てる

現在、少子高齢化やグローバル化、情報化といったように、社会環境が大きく変化するなかで、将来を担う子どもたちに求められる力も変わってきています。自ら課題を発見し、その解決に向けて考えていく力、外国の方をはじめとした多様なバックグラウンドをもつ人たちとコミュニケーションできる力など、既存の社会に適合していくというよりも、よりよい社会を築いていく力が問われています。特に、少子高齢化が進み、子どもの数が減少している日本においては、今まで以上に一人ひとりを丁寧に社会全体で育てていく必要があるといえるでしょう。

以上のような力を子どもたちが身に付けるには、当然学校教育の果たす役割が大きいのですが、予算などの制約もあり、学校教育だけに頼るのは限界があります。そもそも学校教育は、ある程度画一的な対応をせざるを得ず、成績表もあり、子どもたちが自由にチャレンジしにくいところです。一方、放課後や休日が主となる学校外教育では、興味や関心に合わせてさまざまな分野に挑戦し、失敗も次につなげられるというよさがあります。

学校外教育に求められる具体的な活動としては、まず職場体験。昔は、地域でいろいろな仕事を見聞きする機会がありましたが、今は地域と職場が切り離されている場合が多く、子どもたちはどんな仕事があるのか想像することが難しい状況です。将来に向けて選択肢を増やすために、多様な職業を知ってほしいと思います。また、都市化の進展により減ってきている自然体験も重要です。自然にふれることで感性を養い、共存の精神を育むことができます。

“人の三井”だからこそ率先して進めてほしい

企業が学校外教育で力を発揮できる面はたくさんあります。商品などモノの提供やお金の寄付だけでなく、それぞれの企業がもつ資源・強みを活かし、職場体験・自然体験を含めた多種多様な経験ができる機会を増やしてほしいと思います。キャリア教育、職場見学というと固く捉えがちですが、夏休みなどに、子ども連れで出勤し、子どもがとなりで親の働く姿を見ていられるようにするなど、日常のなかで取り組める方法も考えてはどうでしょうか。また金融関係ならば銀行や保険について子ども向けに教えるなど、知識やスキルの教育も可能です。

現在でも三井グループではさまざまな試みがなされていますが、教育貢献活動の情報が必ずしも子どものいる家庭に届いていないように思われます。企業ごとに広報するよりもグループ全体で情報を一元化して発信するほうが効果的かもしれません。

また、企業としての取り組み以外に、従業員の活動を支援するという方向性もあります。日本企業では、一般的に諸外国に比べて働きすぎる傾向がありますが、従業員が家庭や地域で過ごす時間を増やせるような仕組みを整備してほしいと思います。授業参観や運動会などの際に休みやすくしたり、教育の分野を含めたボランティア活動を促したりすることで、従業員の教育貢献活動への関わりが増えるはずです。

これまで、学校は非営利団体、企業は営利団体であるという特性から、どうしても両者の連携が限定されていた面がありました。しかし企業が、各地域の住民である従業員の自発的な活動を後押しし、間接的に教育をサポートする、というやり方であれば、実践しやすいのではないでしょうか。

日本を代表する企業が集結する三井グループには、教育に活かせる資源が豊富にあります。“人の三井”だからこそ、教育というテーマを重要な社会貢献分野として認識し、推進してほしいと思います。三井グループの活動は、他企業にも自然と広がっていくはずです。グループ全体での取り組みも含め、率先して新しい試みにチャレンジしてくれることを期待しています。

学校外教育が果たすべき役割とは?

1.失敗を恐れずにチャレンジできる場

子どもの成長には、興味をもった分野に失敗を恐れずに積極的にチャレンジする経験が重要。失敗を乗り越えながら成功につなげていくプロセスがあってこそ、生きる力が身に付きます。

2.職業体験・自然体験などさまざまな経験の場を

多くの職業を見聞きしたり、自然のなかで過ごしたりする機会が減ってきています。さまざまな経験を通じて豊かな感性を養い、生涯を通じて必要な好奇心や探究心を育むことができます。

写真

(株)日本総合研究所調査部 主任研究員
池本 美香(いけもと みか)さん

1989年三井銀行入行。さくら総合研究所などを経て2001年より現職。専門分野は、子ども・女性にかかわる保育・教育政策、労働政策、社会保障制度など。

写真 編著書:子どもの放課後を考える
出版社:勁草書房
定価:本体2,800+税