三井の特集

三井広報委員会
活動紹介パンフレット (7MB)
イメージ

企業探訪

三井ホーム

住まいに美しさ、強さ、健やかさ、
そして安心を提供し続ける

「暮らし継がれるよろこびを未来へ」をグループステートメントに掲げる三井ホーム。
ツーバイフォー工法のリーディングカンパニーである同社の高い技術力に裏打ちされた強く快適で美しい住まいは、地震大国・日本において“安心感”と“暮らす喜び”という価値を提供している。

先駆的な取り組みに積極的に挑む企業文化

独自技術を盛り込み、進化を遂げて誕生した「プレミアム・モノコック構法」

1974年、三井ホームは三井不動産グループの一員として誕生した。ツーバイフォー工法を進化させたオリジナル工法による注文住宅を中心に手掛けており、「欧米の伝統をモチーフにしたデザイン性」と「高い技術力に裏打ちされた耐震性への信頼」は、グループ内・業界内で存在感を放っている。

三井ホームを語るうえで切り離せないキーワードが、ツーバイフォー工法(枠組壁工法)。同社は、北米発祥であるこの工法を日本に取り入れたリーディングカンパニーでもある。1978年には日本の洋風住宅の先駆けとなる「ウィンザー」を発表。プレハブ住宅が隆盛の時代に、斬新で美しいデザインの住まいを数多く世に送り出した。1982年、業界に先駆けて木造住宅で初となる「10年間保証」を導入。その10年後には大手メーカーとして初めて「10年目有料メンテナンス条件付20年保証システム」へと進化(現在は30年保証システム)させるなど、絶えず革新に挑戦する企業文化が垣間見える。

想定外を許さぬ驚異の耐震実験

入念な準備のもとに行われた耐震実験。現場に集ったメンバーは、緊張に包まれつつ実験を見守った

近年、ゲリラ豪雨に伴う河川氾濫や土砂災害などにより、日本各地で甚大な被害に見舞われるケースが少なくない。また、日本は地震大国でもあり、この約20年においても1995年の阪神淡路大震災、2004年の新潟県中越地震、2011年の東日本大震災が発生している。そして、震度7を二度にわたって記録した2016年の熊本地震も記憶に新しい。「地震は住宅にとって非常に大きな脅威。三井ホームでは技術の革新を通して“災害に対する強さ”を追求してきました」と語るのは、同社の技術研究所・研究開発グループ長の太田さん。事実、前述の阪神・新潟・東日本の大震災において、三井ホームの住宅は地震の揺れによる全・半壊ゼロという結果が出た。熊本地震でも同様の調査を行い、関係省庁に報告書を提出。全棟調査を率先して行えるのも、技術力に裏打ちされた住まいの品質に対する自信の表れともいえるだろう。

大きな災害が起こるたびに聞こえてくる“想定外”の言葉。しかし、三井ホームはそんな世間の発想をも凌駕する前代未聞の実験に挑んだ。「2016年7月、国立研究開発法人土木研究所にて大規模な耐震実験を実施しました。熊本地震の地震波データも急遽取り寄せて実験。その結果、三井ホームの住まいは、震度7に60回も耐えうることを証明したのです」と、太田さんは語る。従来、大規模な地震の発生後、余震は徐々に弱まっていくというのが通説だった。ところが熊本地震によって、世間は“震度7クラスの地震が続いて起こる”という事実を知る。「だからこそ、耐震実験は想定をはるかに上回る過酷な条件で行わなければ、真の安全・安心の証明にはつながらない。ただ倒壊しないというだけではなく、地震後も普通に住み続けられる強さを追求している」という太田さんの言葉から、エンジニアとしてのプライドや三井ホームの安全に対する姿勢がうかがえる。耐震実験の結果が発表されるや、住宅業界はもちろん、建築学会の研究者などの専門家からも、驚きの実験結果に対する大きな反響が寄せられた。

住まいを通じて「安心」という価値を届ける

強い住まいを実現するために、三井ホームはこれまでも試行錯誤を続けてきた。2014年、長年蓄積してきた技術やデータを活かし、ツーバイフォー工法の屋根・壁・基礎に独自の技術を用いた最新構法「プレミアム・モノコック構法」を開発。面で支える超剛性ベタ基礎「マットスラブ」、屋根そのもので日射熱を遮断するオリジナル部材「ダブルシールドパネル(DSP)」、継ぎ目がなく耐火・遮音・防水・衝撃に強い外壁「ブロック・アンド・シームレスウォール(BSW)」により、三井ホームの住まいはさらなる強さを手に入れたのだ。

災害が起こったときに「家にいるから大丈夫」と思える住まい。それこそが、三井ホームの目指す理想の住宅だ。「安心感という価値を提供できる住まいの実現に向けて、今後も実地調査に基づく技術革新を続けていきます」と、太田さん。暮らしを営む大切な場所に安全と安心を届けるために、これからも三井ホームははるか高いステージを見据えて進化に挑み続ける。

※上記の内容は2017年10月16日時点の情報です。

(三井グループ・コミュニケーション誌『MITSUI Field』vol.36|2017 Autumn より)

■企業プロフィール
三井ホーム
社名: 三井ホーム株式会社
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目1番1号 新宿三井ビル53階
設立: 1974年
事業内容:建設工事の設計・施工管理・施工請負、不動産の販売、その他関連事業