三井の特集

三井広報委員会
活動紹介パンフレット (4.4MB)
イメージ

日本の力 世界に誇る和食文化

昨今、世界が和食に注目している。
長い歴史のなかで育まれてきたその伝統と味わい。
シリーズ「日本の力」の最終回は“和食”の魅力に迫る。

―――――――――――――――――――――――――

今こそ和食の魅力を見直す時

和食文化が世界に広がっている。アメリカでのスシ・ブームを起点に日本の食は爆発的な勢いで普及を続けており、2013年には「和食―日本人の伝統的な食文化」としてユネスコ無形文化遺産に登録。その精神性までもが世界に認められるところとなった。

一方で、同遺産登録には”文化の保護と継承“との意味合いもある。事実、現代の日本の食卓に目を向けてみれば、肉類を中心とした欧米化、家族がばらばらに食事を摂る個食化が進んでいる。また、米の年間消費量も減少の一途をたどっており、米離れが叫ばれるなど、改めて和食文化を見直すときが来ているのかもしれない。

ちなみに、和食が同遺産に登録された評価ポイントに「栄養バランスに優れたヘルシーな食体系」であることがあげられる。「一汁三菜」「旬」「うま味」「発酵」といった和食の特徴が、理想的な食事を構成する要素にもなっていたのだ。日本固有の風土や歴史によってかたちづくられてきた独自の食文化は、栄養バランスや効能面でも注目度が高まっている。

今こそ、世界に誇る和食文化の魅力を再発見してみてはいかがだろうか。

  • 「洋食」は日本の料理ではないのか?
    「洋食」は、日本で独自に発展した西洋風料理のこと。純粋な日本料理ではないものの、西欧そのままの様式でもなく、いわば日本風にアレンジされた西洋の料理といえる。代表格はカレーライスやラーメン、ナポリタンなど。いずれも本場に日本と同じ料理はなく、あくまでも日本で生まれた洋風の料理である。
  • そもそも「和食」とは何なのか?
    「和食」とは“日本風の食事”の総称。一汁三菜を基本的な献立とし、食文化研究家・熊倉功夫氏によって定義されたといわれる。ただし、明確な語源は不明であり、定義も諸説ある。ちなみに、昔ながらの料理だけに限らず、とんかつなど近代家庭料理も和食に含まれるとされることが多い。対義語は「洋食」。
  • 「和食」と「日本料理」の違いは?
    農林水産省によると、「和食」は“家庭食に重点を置いた庶民的な食事”。一方、「日本料理」は“高級料理”であるとされている。なお、「日本料理」という言葉は明治時代に舶来した「西洋料理」に対して生まれ、明治31(1898)年に出版された『日本料理法大全』によって一般化した。

和食文化の継承に取り組む三井


社員向けに実施した和食講習会の様子

「食育の日」に全社イベント

エームサービスは、社食や病院など全国の受託先で乳幼児期から高齢期まで幅広い世代に向け、1日120万食を提供している。2014年より、内閣府が「食育の日」と定めた毎月19日に“伝統的な食文化の継承”をテーマとした全社食育イベントを開催。また、食育情報誌も発行するなど、食に関わる企業の社会的責任の一環として、「食育」の推進に努めている。


国産食材を使用している商品にはロゴマークが入っている。写真はポッカサッポロフード&ビバレッジ「玉露入りお茶」

「フード・アクション・ニッポン」に協賛

日本は食料自給率が非常に低く、食料の多くを輸入に頼っている。そこで、国産農林水産物の消費拡大を促すために展開されているのが「フード・アクション・ニッポン」。目標は「“おいしいニッポンを”残す、創る」ことだ。三井物産、三井不動産、三越伊勢丹、サッポロビール、エームサービス、三井農林など多くの三井グループ企業がこの取り組みに協賛。推進パートナー企業として活動の周知に取り組んでいる。


三井製糖が取り組む食育授業の様子

給食から和食文化の継承を図る

「和食」のユネスコ無形文化遺産登録を受け、2014年3月に若手の和食料理人が結成した「和食給食応援団」。現在は約63名の料理人が参加している。三井製糖と、エームサービス関係会社のメフォスも、パートナー企業としてこの取り組みを支援。和食文化の継承に向け、全国の学校で和食の魅力を伝えるイベントを展開している。