三井の特集

三井広報委員会
活動紹介パンフレット (7MB)
イメージ

三井百科

三井家に伝わる「おひなさま」

江戸時代、桃の節句には雛人形市が立つほど賑わいを見せた東京・日本橋。三井記念美術館では毎年、恒例の展覧会「三井家のおひなさま」を開催、三井家旧蔵の一級品の雛人形・雛道具を一堂に展観する。

三井総領家第10代当主・三井八郎右衞門高棟(たかみね)夫人の苞子(もとこ、1869〜1946)旧蔵の雛人形は実家の旧富山藩主・前田家から伝わったもので、「内裏雛」は京都の丸平大木人形店・三世大木平藏が手掛けた名品。

高棟の嗣子で11代当主・高公(たかきみ)夫人の鋹子(としこ、1901〜1976)旧蔵の雛人形は旧福井藩主・松平家から嫁入り道具として持参した際、目録が作られたほどで、日本橋十軒店の名工・二代永徳齋の雛人形が中心となっている。

高公の長女・浅野久子氏(1933〜)旧蔵の豪華なひな段飾りは幅3m。久子氏誕生の翌年、五世大木平藏に注文してあつらえたもので、展示室では近年まで浅野家で行われていた段飾りを再現する。このほか、三井11家のうち伊皿子家9代当主・三井高長(たかひさ)夫人の興子(おきこ、1900〜1980)旧蔵の雛道具など、三井家の贅を尽くした雛飾りで、桃の節句を華やかに彩る。

三井記念美術館

(2018年2月15日更新)