会員会社ニュース 2018年

5月24日号

銀座三越で浴衣販売始まる
道後温泉とコラボ・8月21日まで

銀座三越で浴衣販売が幕を開けた。5月16日に「銀座ゆかたガーデン」をオープン。今年は「クール銀座」をテーマに婦人、紳士、子どもを合わせて30ブランド超の新作浴衣を揃えた。紅型調のカラフルな色合いが目を引く「源氏物語」や明るい水色に大柄の牡丹唐草をあしらった「撫松庵」など、古典的な柄や伝統的な技法に鮮やかな色柄を重ね合わせた。近年は親子で浴衣を着る場面が増えていることから、子ども向けの浴衣や甚平も拡充している。

さらに今年は松山・道後温泉と浴衣でコラボレーション。デザイナーの鹿児島睦さんが2つの街から着想を得たオリジナル浴衣を制作した。ラインナップは柳の下でタヌキが踊る「柳踊り」、草花柄を大胆に配した「くれなゐの」、幾何学模様の「銀座菱」の3柄。道後温泉のホテルや旅館でも貸し出され、銀座とともに、離れた2つの街が同じ浴衣で共演する。中心価格帯は3万円台。銀座三越9階の「銀座テラス」で8月21日まで開催。

  • 新作を着こなす銀座三越の社員モデル

    新作を着こなす銀座三越の社員モデル

デニム地ユニフォームを採用
三井E&S造船・岡山PRの一環に

三井E&Sホールディングス(田中孝雄社長、旧三井造船)傘下の三井E&S造船(古賀哲郎社長)は、同社発足後初となる進水式を、岡山県玉野市の玉野艦船工場で5月17日に挙行した。

進水式では、作業着をデニム地ユニフォームに刷新。若手社員の意見を取り入れ、機能性とファッション性を兼ね備え、国産デニム発祥の地といわれる岡山県をPRする意味も込めて採用した。

三井E&Sは大正6年(1917)に玉野市で旧三井物産造船部として創業。国産デニム発祥の地として知られる児島・倉敷とは古くから縁がある。玉野での進水式は年に5〜6回程度、一般公開しており、地域にちなんだユニフォームを着用することで、地域観光・産業振興にも貢献していく考え。進水式の見学情報は玉野市Webサイトまで。

  • デニム地ユニフォームを着用した玉野艦船工場の若手スタッフ

    デニム地ユニフォームを着用した玉野艦船工場の若手スタッフ

米GMからサプライヤー賞
三井化学が3年連続で受賞

三井化学(淡輪敏社長)の米国子会社ACP(米国オハイオ州、志手啓二社長)が、米国自動車会社ゼネラルモーターズ(GM)から、「2017 Supplier of the Year」を受賞した。今回で3年連続5回目。

同賞は、GMの期待を上回る優れた価値を生み出し、かつ新しいイノベーションをもたらした世界17カ国の132社を認定するもの。

三井化学グループは、自動車のバンパーや内装に使用されるポリプロピレン自動車材事業のグローバル展開を推進しており、現在は世界8地域に製造・販売拠点を有し、世界トップの競争力を持つため、さらなる強化を図る。