会員会社ニュース 2018年

4月26日号

北海道北斗市にぶどう園
サッポロビールが国産ワイン事業強化

サッポロビール(島英也社長)は、北海道北斗市にワイン用の自社ぶどう園「グランポレール北海道北斗ヴィンヤード」を開く。敷地面積は25.4ha。良質なワイン原料のぶどうを確保し、同社の日本ワインブランド「グランポレール」の数量拡大を図る。

計画地は北海道の南側、津軽海峡に面した場所にあり、ぶどう生産に適した気候条件や広大な面積、北斗市の全面的な支援、サッポロの創業地・北海道であることなどから決定した。2019年に第一期の苗木植え付け、21年に初収穫・初仕込み、22年に「ファーストヴィンテージ」を発売する予定。収穫量は1万函相当、栽培品種はメルロー、シャルドネ、ソーヴィニヨンブランなど。栽培経験のない新品種にも挑戦する。

グランポレールは北海道、長野、山梨、岡山を産地とし、このうち、サッポロは長野に2カ所の自社ぶどう園を持ち、今回の北斗ヴィンヤードを加え、面積は2.5倍に増える。昨年のグランポレールの販売数量は約3万函。今年は前年比1割増を目標に掲げ、2026年には10万函を目指す。

  • 津軽海峡を望む北海道北斗ヴィンヤード(イメージ)

    津軽海峡を望む北海道北斗ヴィンヤード(イメージ)

デフラグビー日本代表監督に
三機工業・落合孝幸さん

聴覚障がい者(デフ)の7人制ラグビーの日本代表チーム監督に、三機工業(長谷川勉社長)関西支社に勤務する落合孝幸さんが就任した。4月23日から26日にかけて、オーストラリア・シドニーで開催中の世界大会に出場した。

落合さんは1997年に入社。2002年にはデフラグビー日本代表チームの主将を担い、その後も英国遠征(団長兼選手)や日豪チャリティーマッチに参加。これまでの実績が評価され、昨年、日本代表チームの監督に選出された。

デフラグビーは軽度難聴や片耳の失聴、突発性難聴、ろう者など聴覚に障がいのある選手による7人制ラグビー。三機工業は日本聴覚障がい者ラグビーフットボール連盟の協賛企業に名を連ねている。

  • デフラグビー日本代表チームの(左から)大塚貴之主将、落合孝幸監督、宮田大副将(写真提供:日本聴覚障がい者ラグビーフットボール連盟)

    デフラグビー日本代表チームの(左から)大塚貴之主将、落合孝幸監督、宮田大副将(写真提供:日本聴覚障がい者ラグビーフットボール連盟)

「大名茶人 松平不昧」開会
三井記念美術館で6月17日まで

三井記念美術館は4月21日、特別展「大名茶人 松平不昧(ふまい)」を開会した。大名茶人として名高い松江藩主・松平不昧の没後200年を記念して、不昧愛蔵のコレクションを一堂に展観する。国宝は8点、重要文化財は10点。期間中は展示替えを行う。

重要文化財「油滴天目」は黒釉中に油が散ったような斑文が生じる天目茶碗。同じく重要文化財の「赤楽茶碗 銘 無一物」は名陶工・長次郎作の楽茶碗。千利休が創意したとされる長次郎の代表作で、不昧は利休ゆかりの茶器を多く集めた。不昧は名品を収集するだけでなく、蒔絵師や絵師に自分の感性を反映させた品々も数多く残しており、展示品には「不昧好み」とも言える一貫した美意識が窺われる。

会期は6月17日まで。三井系賛助会社は社員証を提示すれば、300円割引となる。終了後は巡回展として、島根県松江市の島根県立美術館でも9月21日から11月4日まで開催する。