会員会社ニュース 2018年

4月12日号

世界初の砕氷LNG船が初荷役
商船三井がロシア・北極海航路で

商船三井(池田潤一郎社長)の世界初の砕氷LNG船がこのほど、ロシア・ヤマル半島のサベッタ港で初荷役を行った。海氷の厚い北極海で夏季限定の定期航路を開設、2019年までに全3隻を竣工させ、ロシアのLNG基地から欧州やアジア向けの輸送に従事する。スエズ運河経由の航路と比べ、輸送期間を最大20日間短縮でき、燃料費などの大幅なコスト削減効果が見込まれている。

一番船は昨年12月に竣工。極寒地を対象とした特別仕様で、氷厚2mの氷海でも単独航行ができる。北極海は未発見の天然ガス資源や石油資源が大量にあるとされ、ヤマル半島周辺では大規模な資源開発計画が予定されている。

商船三井はLNG船では70隻以上を手掛ける世界最大手。今後は北極海航路の運航ノウハウを蓄積し、豊富な天然ガスの埋蔵量を持つロシアからのLNG輸送需要に対応する。

  • 写真

    商船三井の世界初の砕氷LNG船

救難艦「ちよだ」など引き渡し
三井E&S・ばら積み船や曳航タグも

三井E&Sホールディングス(田中孝雄社長、旧三井造船)は、玉野事業所で建造していた防衛省向け潜水艦救難艦「ちよだ」を完成させ、3月20日に同事業所で引き渡した。

また3月15日には、同事業所でエコシップ「neo66BC」の16隻目にあたる66,000重量トン型ばら積み貨物運搬船「クリスティーナ」を引き渡した。マーシャル諸島共和国、オストリアマリン社向け。

2月には100%子会社の新潟造船(船津勇社長)が、世界最大級の曳航力を有するオーシャン・ゴーイング・タグ「ALP KEEPER」をオランダ企業に引き渡した。最大速力19ノット超、航海速力13ノット、曳航能力302tの能力を持つ、世界最強クラスの海洋支援船。

外貨両替コーナー営業開始
三井住友銀行からSMBC信託に承継

三井住友フィナンシャルグループ(國部毅執行役社長グループCEO)、三井住友銀行(燗誠頭取CEO)、SMBC信託銀行(古川英俊社長)は、三井住友銀行が全国23拠点で展開する全ての外貨両替コーナー及びその事業をSMBC信託に承継し、4月1日から、SMBC信託の外貨両替コーナー「PRESTIA EXCHANGE」として営業を開始した。

SMBC信託は、世界200以上の国と地域、200万台以上のCD/ATMで現地通貨を引き出すことができるバンキングカードや11通貨の外貨預金、数十種類の外貨投信など豊富な外貨建運用商品を取り揃え、「外貨のPRESTIA」として顧客に外貨商品、外為サービスを提供している。

今回、外貨両替コーナー「PRESTIA EXCHANGE」として営業を開始することで、「外貨のPRESTIA」の認知度向上を図るとともに、顧客の幅広い外貨ニーズに応える。