会員会社ニュース 2018年

2月22日号

「日本橋 桜フェスティバル」3月16日から
食や景観で春の訪れ演出

東京・日本橋に春の訪れを告げる恒例の桜祭り「日本橋 桜フェスティバル」が今年も3月16日から始まる。期間中は桜をモチーフとした各種メニューの提供や周辺の商業施設を桜色に染め上げる「桜ライトアップ」、イルミネーションと音の演出による「サクラトンネル」、日本橋の桜の名所を巡る「ニホンバシ宝探し」など、多彩な桜関連のイベントを実施し、花見気分を盛り上げる。会期は4月15日まで。

江戸桜通りや浜町緑道など、昔からの桜の名所が多く残る東京・日本橋。三井不動産や日本橋三越本店など、三井系も加わる日本橋桜フェスティバル実行委員会では毎春、「日本橋 桜フェスティバル」を実施しており、期間中は花見はもちろん、桜をイメージした各種イベントが楽しめる。

フェスティバルの詳細は日本橋の情報サイト「まち日本橋」で、3月上旬に公開予定。

  • 写真

    コレド室町1・2の間を通る福徳神社の参道の「仲通り」は、
    「サクラトンネル」として装飾

素材の魅力を体感できる「MOLp Cafe」
三井化学が青山で3月7日〜11日開催

三井化学(淡輪敏社長)の組織横断的なオープン・ラボラトリー活動「そざいの魅力ラボ(MOLp)」は、素材の魅力を体感できる「MOLp Cafe」を、3月7日から11日までの5日間、ライトボックススタジオ青山(東京都港区)でオープンする。

「MOLp Cafe」は、「CONCEPT of MIXOLOGY」をテーマとして、素材を通した新しいアイデアを提案するとともに、ミクソロジー体験ができるカフェスペース。同社誕生20周年の記念として、実際に手にとって体感できるように一部商品の販売も行う。

MOLpは、同社グループが100年以上にわたり、継承し、培ってきた素材や技術の「機能的な価値」や「感性的な魅力」を、あらゆる感覚を駆使して再発見し、そのアイデアやヒントをこれからの社会のためにシェアしていく活動で、2015年に活動を始めた。

詳細は同社サイトまで。

日本企業のベトナム進出支援
三井住友銀行がダナン市と覚書締結

三井住友銀行(島誠頭取CEO)は、ベトナム社会主義共和国ダナン市人民委員会と、日本企業を中心とする企業進出支援に関する覚書を締結した。

ダナン市は、ハノイ・ホーチミンに次ぐベトナム第三の都市として近年、日系企業を中心とした外資系企業による投資が加速しており、GDP成長率は9.8%、一人当たりのGDPは2,908ドルと、ベトナム経済を牽引する都市の一つ。

今回の覚書締結により、同行はダナン市人民委員会との協力関係を強化し、同地域の投資・ビジネス環境整備や、投資促進、企業同士のビジネスマッチングの機会を創出することで、同地域の経済発展に貢献するとともに、現地における顧客のニーズに応える。