会員会社ニュース 2018年

2月8日号

「東京ミッドタウン日比谷」竣工
三井ゆかりの地を再開発・3月29日開業

三井不動産(菰田正信社長)はこのほど、東京・日比谷で推進中の大規模複合施設「東京ミッドタウン日比谷」を竣工させた。60店舗の商業施設をはじめ、オフィス、ベンチャー支援、複合映画館、会議場、広場、防災拠点など幅広い機能を集約。グランドオープンは3月29日。

「東京ミッドタウン」の名称は東京・六本木に続き2施設目。国家戦略特区の区域認定も受けており、都心部における三井不動産の代表的な街づくりブランドとして命名した。計画地は明治期から「有楽町三井集会所」があった三井ゆかりの地で、三井系が集積していた従前の三信ビル、日比谷三井ビル跡地を再開発したもの。三信ビルと日比谷三井ビルの間には区道が通っていたが、着工に伴い地区計画が見直され、2街区を一体化した上で、区道を北側に移した。

竣工記者会見で菰田社長は、「三井グループゆかりの地でもあり、歴史に残る開発を目指した。超高層の草分けである霞が関ビル竣工50年の節目の年に東京ミッドタウン日比谷を開業できるのは感慨深い」と期待を寄せた。

  • 日比谷公園や皇居外苑を眼下に望む「東京ミッドタウン日比谷」(中央)

  • 低層部の外観は従前の三信ビルの石張りをイメージした

フィリピンでアジア最大級の商船大学完工
商船三井が新設・建設は三井住友建設

三井住友建設(新井英雄社長)は、商船三井(池田潤一郎社長)がフィリピンに新設する商船大学「MOLマグサイサイ・マリタイム・アカデミー」の建設工事を概ね完成。昨年11月3日に式典が執り行われた。

式典には、商船三井の池田社長と加藤雅徳常務、商船三井の現地パートナーであるマグサイサイグループのエドゥアルド・マネッセ会長、三井住友建設から永本芳生副社長らが出席し、建設工事の完成を祝った。

新設商船大学は、商船三井とマグサイサイグループが共同で設立する、アジア太平洋地域で最大級の私立商船大学となる。約13.2haの広大な敷地に校舎や学生寮など延床面積合計、約3万m²の建物群を建設した。

中でも船形デザインの実習訓練棟はひときわ目を引き、大学のシンボルとなっている。

  • 挨拶する池田社長

  • 実習訓練棟

医療画像データにAIを活用
三井物産がTMXと合弁設立

三井物産(安永竜夫社長)は、医療画像管理クラウドサービス最大手のテクマトリックス(TMX)と、医療画像AIプラットフォーム事業の合弁会社を設立する。

TMXが新規設立するNOBORIの第三者割当増資を三井物産が引き受ける。TMXは新会社へ医療システム事業を承継し、三井物産は新会社に約22億円を出資し、新会社株式の33.34%を取得する。

「NOBORI」はIT技術により、画像などの医療情報を安全に保管・利用できるクラウドサービス。大容量の医療情報データを、医療機関の外部にある複数の医療機関共通のデータセンターで安全に管理し、必要な時にいつでも参照・共有・利用することができる。新会社では引続き事業の拡大を図ると同時に、蓄積された画像データを基にデータプラットフォームを構築、医療の高度化に資する読影診断支援AIサービスや、医療施設と連携した個人向けサービスを開発・展開する。