三井の年表

執筆・監修:三友新聞社

江戸

江戸時代初期 三井高俊(三井高利の父)が妻・殊法と松阪で酒・味噌などの商いを始める
元和8年(1622) 三井家の家祖・三井高利誕生
寛永12年(1635) 高利、14歳で松阪を出立、長兄の店に奉公する
慶安2年(1649) 母・殊法の孝養のため松阪に帰郷
延宝元年(1673) 52歳で江戸本町1丁目に三井越後屋呉服店を開く
天和3年(1683) 本町1丁目店を駿河町南側へ移し、その隣に両替店を新設
元禄7年(1694) 高利、73歳で没
宝永7年(1710) 長男・高平が事業統括機関・大元方を設置
享保7年(1722) 高平が三井家の家憲・宗竺遺書を制定
慶応2年(1866) 三井家が三野村利左衛門を雇用、幕府御用金を減免
慶応3年(1867) 三井組、明治新政府の御為替方御用所となる

明治

明治4年(1871) 為換座三井組を設立
明治5年(1872) 日本初の銀行建築・海運橋三井組ハウス竣工
越後屋呉服店を三井家から分離
明治7年(1874) 駿河町為換バンク三井組ハウス竣工
明治9年(1876) 日本初の民間銀行・三井銀行設立
旧三井物産設立、初代社長に益田孝
明治21年(1888) 三池炭鉱の民間払い下げを落札、團琢磨を招聘
明治22年(1889) 三池炭鉱社設立
明治24年(1891) 中上川彦次郎が三井銀行入行
明治25年(1892) 三井鉱山合資会社設立
明治26年(1893) 越後屋呉服店を三井呉服店に改組
三井組を三井元方に改称
三井家同族会を設置
明治35年(1902) 駿河町三井本館竣工
明治37年(1904) 三井呉服店を三越呉服店に改組、日本初の百貨店となる
明治42年 (1909) 三井財閥の持株会社・三井合名会社設立
三井家の寄付により財団法人三井慈善病院設立

大正

大正2年 (1913) 綱町三井別邸竣工
大正3年(1914) シーメンス事件発覚、金剛事件に発展
三井合名が理事長制導入、初代理事長に團琢磨
大正7年(1918) 三井文庫設立
大正12年(1923) 関東大震災で駿河町三井本館が類焼
大正15年(1925) 駿河町三井本館を解体、三井本館着工

昭和

昭和3年(1928) 三越呉服店を三越に改称
昭和4年(1929) 三井本館竣工
昭和6年(1931) ドル買い事件、財閥批判高まる
昭和7年(1932) 三井合名理事長・團琢磨暗殺
昭和8年(1933) 三井合名初代社長・三井高棟引退、三井高公が家督を相続
昭和9年(1934) 財団法人三井報恩会設立
昭和11年(1936) 三井上高井戸運動場(浜田山グラウンド)竣工
昭和15年(1940) 旧三井物産が三井合名を吸収合併
三井総元方設置
昭和16年(1941) 三井不動産設立
昭和18年(1943) 三井銀行と第一銀行が合併、帝国銀行発足
山西省事件
昭和19年(1944) 三井本社設立
昭和20年(1945) GHQが財閥解体を発表
昭和21年(1946) 三井本社解散
昭和22年(1947) 旧三井物産、三菱商事に解散命令
過度経済力集中排除法施行、王子製紙、三井鉱山、大日本麦酒などに分割命令
昭和23年(1948) 帝国銀行が第一銀行を分離
昭和25年(1950) 三井グループの役員親睦会・月曜会発足
昭和29年(1954) 帝国銀行を三井銀行に改称
昭和31年(1956) 三井商号商標保全会設立
三井不動産、清算後の三井本社を吸収合併
昭和34年(1959) 三井物産大合同
昭和36年(1961) 三井グループの社長会・二木会発足、三広会設立
昭和40年(1965) 財団法人三井文庫設立
昭和45年(1970) 三井記念病院・BC棟竣工
大阪万博に三井グループ館出展
昭和47年(1972) 三広会が発展的解消、三井広報委員会設立
昭和50年(1975) 沖縄海洋博に三井こども科学館出展
昭和53年(1978) 三井業際問題研究所設立
昭和60年(1985) つくば万博に滝の劇場・三井館出展

平成

平成2年(1990) 三井銀行と太陽神戸銀行が合併、太陽神戸三井銀行発足
花の万博に「三井・東芝館」出展
平成4年(1992) 太陽神戸三井銀行がさくら銀行に行名変更
平成8年(1996) 江戸東京たてもの園に三井八郎右衞門邸移築
平成9年(1997) 三池炭鉱閉山
平成10年(1998) 三井本館が重要文化財に指定
平成13年(2001) さくら銀行と住友銀行が合併、三井住友銀行発足
平成17年(2005) 日本橋三井タワーが完成
三井本館7階に三井記念美術館開館
愛・地球博に「三井・東芝館」出展
三井上高井戸運動場(浜田山グラウンド)閉鎖
平成20年(2008) 三越と伊勢丹が経営統合、三越伊勢丹ホールディングス発足
三井記念病院・入院棟竣工
平成21年(2009) 三井鉱山が日本コークス工業に商号変更
平成23年(2011) 三井記念病院の建替工事が全体竣工

※ 法的には旧三井物産と現在の三井物産には継続性はなく、全く個別の企業体です。