三井ゴールデン・グラブ野球教室

三井ゴールデン・グラブ賞

ポジション別指導ポイント

投手

写真:阿波野 秀幸 氏

阿波野 秀幸 氏

  • 低学年は手が小さいので、まず4本指で握らせ、高学年になってから3本指で握らせる。
  • 指先だけでは握らないこと。握りが下手だとエラーが多くなる。
  • 軸足の動きで捕球処理の早さは決まる。上半身だけ使ってはだめ。

捕手

写真:大矢 明彦 氏

大矢 明彦 氏

  • 捕手は一番けがをしやすい。右手は軽く握っておくこと。ワンバウンドをグラブに右拳を添える。
  • ミットを前に出しすぎない。ボールは体の近くで捕ること。
  • 塁への送球は自分の球の変化の癖も考慮しながら、投げること。塁手が取りやすいよう心がける。

内野手

写真:水上 善雄 氏

水上 善雄 氏

  • ボールは体の正面で捕ること。体から離れて捕ると次の動作に移りにくい。
  • 送球は一歩踏み出し、少しでも投球距離を短くする。
  • チームメイトには、できるだけ変化しない、ストレートを投げるようにする。

外野手

写真:屋鋪 要 氏

屋鋪 要 氏

  • 一歩目のスタートに集中して、簡単なフライこそ後ろから回り込むように心掛けて捕球する。
  • 送球は低いワンバウンドで各塁に投げられるように練習する。
  • ノックの飛球と実際に打った打球は性質が違う。より多くの生きた打球を試合のつもりで集中して捕球させる。

ストレッチ

写真:吉田 直人 氏

吉田 直人 氏

  • 傷害予防の為のトレーニングは、ストレッチングと筋力トレーニグを組み合わせることが必要。
  • 正しいストレッチングの方法
    (1)気持ち良く伸ばせるところまで、痛いところまでは伸ばさない。
    (2)反動はつけない。
    (3)呼吸を止めない。
    (4)15〜30秒間保持する。

生きる。活かす。いっしょに。三井ヒューマンプロジェクト