三井広報委員会について

三井広報委員会
活動紹介パンフレット (4.4MB)
イメージ

活動レポート

イベントや研修など、2017年に三井広報委員会が取り組んだ活動を紹介します。

2017.10.19
京都・松阪で研修会、三井のルーツや歴史に触れる (10月13〜14日開催)

三井広報委員会は、2017年度第2回の研修会を10月13〜14日に実施した。研修会には会員会社から18社20名が参加し、三井と縁が深い京都・松阪で歴史に触れた。

京都では、三井高利が江戸で越後屋呉服店を開業するのに伴い京都に開設した仕入れ店の敷地だった場所の一角に整備された三井越後屋京本店記念庭園(非公開)、昨年10月に一般公開を開始した旧三井家下鴨別邸、高利以来、三井家の菩提寺として300年以上にわたって祭祀が続けられている真如堂を順訪。真如堂では高利夫妻の墓や二木会物故社員慰霊塔に焼香し、参加者たちは厳粛な面持ちで歴史の重みを感じていた。

2日目は、三井物産嵐山寮にある茶室「長好庵」を見学した後、京都を離れ、三井高利が生まれた三井のルーツ、松阪へ。生家跡を整備した三井家発祥地(非公開)で、高利が産湯をつかったとされる井戸や、高利の祖父母・父母の五輪塔、第10代の三井総領家当主・三井高棟の筆になる記念碑等に触れ、参加者たちは感慨に耽っていた。

  • 真如堂本堂前での記念撮影

    真如堂本堂前での記念撮影

  • 旧三井家下鴨別邸見学の模様

    旧三井家下鴨別邸見学の模様

  • 三井家発祥地には高利の「産湯の井戸」などがある

    三井家発祥地には高利の「産湯の井戸」などがある

2017.10.05
三井サッポロ会にブース出展 三井ゴールデン匠賞など活動をPR (9月27日開催)

三井広報委員会は9月27日に開催された「第79回三井サッポロ会」にブースを出展、活動内容をグループ関係者にPRした。

同会はサッポロビール主催で年に一度開かれる三井グループ内最大の懇親・異業種交流会で、三井広報委員会と三友新聞社が後援している。今年は三井系各社から約600名が参加。サッポロビール新製品や各社を紹介する企業ブースが出展したほか、三井住友海上管弦楽団が生演奏を行い、会場を盛り上げた。

三井広報委員会の展示ブースでは、各社の若手社員がモデルとなっているインナー向けポスターや、プロ野球選手の守備のスペシャリストに贈られる「三井ゴールデン・グラブ賞トロフィー」、また昨年第1回贈賞式が開催された、革新的な伝統工芸の担い手を表彰する「三井ゴールデン匠賞」の受賞者作品などを展示。黄金のグラブや伝統工芸作品に興味を示す参加者が多数ブースに訪れた。

  • 三井広報委員会ブース

    三井広報委員会ブース

2017.10.05
群馬県で研修会実施 富岡製糸場・ポッカサッポロ群馬工場 (9月22日開催)

三井広報委員会は、2017年度第1回の研修会を9月22日に実施した。研修会には会員会社から13社15名が参加し、群馬県富岡市の富岡製糸場と、伊勢原市のポッカサッポロフード&ビバレッジ群馬工場を訪れた。

富岡製糸場は、明治5年(1872)に官営の模範工場として操業を開始。その後、同26年(1893)に三井が払い下げ入札で落札して経営を行い、官営ゆえの効率の悪さなどを改め、経営環境を好転させた。場内では、ガイドによる施設の案内とともに、当時の再現映像などを映し出すVRグラスを併用して見学。参加者たちは三井が携わった壮大な事業の一環に触れ、歴史に思いを馳せた。

次いで、ポッカサッポロ群馬工場へ。同工場は平成3年(1991)に操業を開始し、缶コーヒーやペットボトル飲料、缶やカップのスープなどを製造している。各種飲料を製造するラインを見学し、参加者たちはグループ企業の事業について理解を深めた。

  • 富岡製糸場見学の模様

    富岡製糸場見学の模様

  • ポッカサッポロ群馬工場での記念撮影

    ポッカサッポロ群馬工場での記念撮影

2017.09.28
第16回三井ゴールデン・グラブ野球教室 神奈川県茅ケ崎市で開催 (9月16日開催)

三井広報委員会は、三井ゴールデン・グラブ賞受賞者が少年野球の指導者に守備の基本を指導する「三井ゴールデン・グラブ野球教室 茅ヶ崎教室」を、神奈川県茅ケ崎市の茅ヶ崎市総合体育館で9月16日に開催、当日は神奈川県野球連盟・茅ヶ崎野球協会の少年野球チーム指導者など145名が参加した。

講師は屋鋪要氏(外野手、巨人OB)、西崎幸広氏(投手、日ハムOB)、宮本慎也氏(内野手、ヤクルトOB)、里崎智也氏(捕手、ロッテOB)と、吉田直人トレーナー。

往年の名選手たちによるポジション別の守備の基本に加え、少年野球指導者に必要な、子どものけが防止についての講義や、体をほぐすストレッチ・ウォーミングアップの重要性などの知識を伝えた。

参加者からは「なんとなくわかっていると思っていたことを、子供にも伝えやすいような形で説明してもらえて良かった」という感想も聞かれ、好評の内に幕を閉じた。

  • 屋鋪氏による「外野手の基本」

    屋鋪氏による「外野手の基本」

  • 里崎氏による「捕手の基本」

    里崎氏による「捕手の基本」

2017.03.23
第15回三井ゴールデン・グラブ野球教室 東京都町田市で開催 (3月4日開催)

三井広報委員会は、三井ゴールデン・グラブ賞受賞者が少年野球の指導者に守備の基本を指導する「三井ゴールデン・グラブ野球教室 町田教室」を、東京都町田市の町田市民球場で3月4日に開催、当日は東京都軟式野球連盟・町田市軟式野球連盟の少年野球チーム指導者など118名が参加した。

講師は屋鋪要氏(外野手、巨人OB)、西崎幸広氏(投手、日ハムOB)、宮本慎也氏(内野手、ヤクルトOB)、里崎智也氏(捕手、ロッテOB)と、石川慎二トレーナー。

往年の名選手たちによるポジション別の守備の基本に加え、少年野球指導者に必要な、子どものけが防止についての講義や、体をほぐすストレッチ・ウォーミングアップの重要性などの知識を伝えた。

参加者からは「とても楽しい講習であっという間に時間が過ぎてしまった。子ども達にも楽しんでもらえるよう指導したい」という感想も聞かれ、好評の内に幕を閉じた。

  • 実際に打球を受けながら、捕球と連携などを学ぶ

    実際に打球を受けながら、捕球と連携などを学ぶ

  • 里崎氏による捕手の基本

    里崎氏による捕手の基本

2017.03.09
法務・写真撮影学ぶ研修会 50名超が参加し知識や技術習得 (3月3日開催)

三井広報委員会は、2016年度第3回研修会「広報法務講座〜著作権法の視点から〜」及び「フォトディレクション講座」を3月3日に実施した。研修会には会員会社など22社51名が参加し、広報担当に必要な知識の習得に努めた。

法務講座では、著作権とは何か、どういったものが著作権侵害にあたるのか、私的複製や引用の注意点、肖像権、知的財産権といった観点から、トラブルになりがちなケースや知らない間に違反しているケースなどを解説。著作権教育やリスク管理体制構築の重要性について、参加者は真剣な面持ちで聴講した。

続いて、実践的な写真撮影の知識やスキル、写真の選び方などの講座へ。写真を撮る際に持っておくべきマインド、カメラマンに撮影を頼む際の注意点や、カメラの機能についての解説、被写体を活かす光と影といった基礎知識の講義に加え、実際に参加者同士でインタビューを撮影するグループワークを実施。お互いを被写体にしながら、学んだ内容を実際に試した。

  • 写真

    骨董通り法律事務所の小林利明弁護士による法務講座

  • 写真

    プロカメラマンで公益社団法人日本広告写真家協会の善本喜一郎業務執行専務理事によるフォトディレクション講座

2017.01.26
三井ゴールデン匠賞をPR 三井広報委員会各社を展示巡回中 (12月〜3月17日開催)

三井広報委員会が創設した「三井ゴールデン匠賞」が、昨年12月から三広委会員会社各社で巡回展示されている。

同賞は、日本の伝統工芸分野において伝統を継承しながら革新的なアイデア等で発展に寄与している「伝統×イノベーション」の担い手に注目と称賛が集まる機会を創りたいという思いから三広委が創設したもので、2016年に第1回受賞者を選定、表彰した。

展示では、受賞5組の作品や賞の紹介パネルを展示して社内外問わず多くの人の目に触れさせ、日本の伝統工芸を支援する同賞及び三広委の活動の周知を図る。

既に展示は昨年12月に三井住友銀行・三井住友ファイナンス&リースが入居する三井住友銀行東館からはじまっており、今月23日までは三越伊勢丹、23日から2月6日までは日本ユニシス、2月7日から27日までは東洋エンジニアリング、2月28日から3月17日までは新日本空調を巡回する。また、その後は三井住友建設でも展示が行われる予定。

  • 写真

    三井住友銀行東館での展示の模様