三井広報委員会について

三井広報委員会
活動紹介パンフレット (4.4MB)
イメージ

活動レポート

イベントや研修など、2015年に三井広報委員会が取り組んだ活動を紹介します。

2015.10.30
岡山・神戸で研修会実施 三井グループ施設を巡り相互理解促進(10月16日〜17日実施)

三井広報委員会は、2015年度第1回の研修会を岡山県玉野市、赤磐市、兵庫県神戸市で10月16日〜17日に実施した。研修会には会員会社14社から16名が参加し、三井造船、サッポロビールの各拠点と、三井住友建設が建設を進めている武庫川橋を訪れた。

初日に訪れたのは、岡山県玉野市の三井造船玉野事業所。同事業所は、大正6年(1917)に創業した三井造船の発祥の地で、100年にわたり操業を続けている。巨大な船体やエンジンの製造工程といった、スケールの大きなものづくりの現場を目の当たりにし、参加者たちは感嘆の声を上げていた。

2日目は、西日本最大級のワイナリーである赤磐市のサッポロワイン岡山ワイナリーを見学した後、兵庫県神戸市に移動し、三井住友建設が新名神高速道路で建設中の武庫川橋に向かった。橋上まで建設用のエレベーターで昇り、建設中の橋上、そして路面の下の桁内を見学できるという貴重な経験を得た。

  • 写真

    玉野事業所では建造や組立の工程などを見学

  • 写真

    地元小学校の栽培体験用のぶどう畑

  • 写真

    建設用エレベーターで武庫川橋の橋上へ

2015.10.02
三井サッポロ会にブース出展 三井ゴールデン匠賞など活動をPR(9月29日実施)

三井広報委員会は9月29日に開催された「第77回三井サッポロ会」にブースを出展、活動内容をグループ関係者にPRした。

同会はサッポロビール主催で年に一度開かれる三井グループ内最大の懇親・異業種交流会で、三井広報委員会と三友新聞社が後援している。今年は三井系各社から約600名が参加。サッポロビール新製品や各社を紹介する企業ブースが出展したほか、三井デザインテックの女性社員グループによる歌とダンスのパフォーマンスも披露され、会場を盛り上げた。

三井広報委員会の展示ブースでは、各社の若手社員がモデルとなっている2015年度インナー向けポスターや、プロ野球選手の守備のスペシャリストに贈られる「三井ゴールデン・グラブ賞トロフィー」などを展示。黄金のグラブに興味を示す参加者も多く見られた。今年の同賞受賞者は、11月10日に発表される予定。

また、今年創設された革新的な伝統工芸の担い手を表彰する「三井ゴールデン匠賞」のポスターを掲示。三井物産出身で現在は世界的に活躍しているデザイナー・清水裕子氏によるイラストと武田双雲氏による揮毫が、参加者の目を惹いた。同賞は来年2月に発表され、3月に贈賞式が行われる予定となっている。

  • 写真

    三井広報委員会ブース

2015.10.02
子供たち40名を野球観戦に招待 CFC支援の一環・楽天イベントに協賛(9月20日実施)

三井広報委員会は9月20日、東北楽天ゴールデンイーグルスがコボスタ宮城(宮城県仙台市)で開催した 「がんばろう東北デー」に協賛し、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)支援の一環として、子供たち40名を試合観戦に招待した。

「がんばろう東北デー」は、東北全体が一丸となり「これからも、がんばろう東北!」を誓い合おうという主旨で、楽天が2012年から開催しているイベント。三井広報委員会の協賛は昨年に続き2回目。三井広報委員会は一昨年から、被災地の子どもたちを対象とした寄付をCFCに対して実施しており、さらなる支援活動の一環として、協賛及び招待を実施した。

楽天対オリックスの試合観戦の他、普段は見ることができない練習風景の見学、さらに三井広報委員会が提供する三井ゴールデン・グラブ賞の受賞経験を持つ、嶋基宏選手との記念撮影も行われた。また、ゲーム開始前と試合中の2回、CFCの活動を紹介するCMをバックスクリーン横の大ビジョンで放映し、観客に三井広報委員会とCFCを印象付けた。

さらに、当日は同委員会が提供する三井ゴールデン・グラブ賞をPRするタブロイド紙がコボスタをはじめ全国6球場で配布され、野球ファンに向けて同賞の周知を図った。

  • 写真

    練習風景見学の模様

2015.09.11
第12回三井ゴールデン・グラブ野球教室 埼玉県越谷市で開催(9月5日実施)

三井広報委員会は、「三井ゴールデン・グラブ野球教室 越谷教室」を、埼玉県越谷市の越谷市民球場で9月5日に開催した。当日は越谷市をはじめ埼玉県内の少年野球チーム指導者114名が参加した。

同野球教室は、三井ゴールデン・グラブ賞受賞歴を持つ元プロ野球選手を講師に迎え、少年野球の指導者を対象として守備の基本を教えるもので、今回が12回目。講師は屋鋪要氏(外野手、巨人OB)、西崎幸広氏(投手、日ハムOB)、宮本慎也氏(内野手、ヤクルトOB)、里崎智也氏(捕手、ロッテOB)と、石川慎二トレーナー。

各講師によるポジション別指導や、子どもの傷害予防についての講義、実際に体を動かしてストレッチや投手・野手の連係プレーの指導も実施され、参加者たちは自身が体験することで、守備への理解を深めた。

  • 写真

    投手の基本を解説する西崎氏

  • 写真

    宮本氏は内野守備の基本を指導

2015.07.31
三井ゴールデン・グラブ賞Tシャツを贈呈 全日本リトルリーグの球児たちに(7月18日実施)

公益財団法人日本リトルリーグ野球協会が主催する、第49回全日本リトルリーグ野球選手権大会の開会式が、福島県白河市の白河グリーンスタジアムで7月18日に行われた。大会は昨年まで東京開催だったが、今年は東日本大震災から4年目を迎え、被災地復興の一助として、福島県白河市で地方開催となった。

大会に協力している三井広報委員会は、参加選手全員に記念品として三井ゴールデン・グラブ賞ロゴ入りTシャツを贈呈。贈られた224枚のTシャツは江戸川区の身体障害者授産施設「もぐらの家」で製作されたもので、同委員会を代表して電気化学工業CSR・広報室の高林聡課長がプレゼンターとして手渡した。

  • 写真

    三井ゴールデン・グラブ賞Tシャツを贈呈する電気化学工業・高林課長

2015.04.03
CFCに2回目の寄付を実施 被災地の子どもたちに教育機会を提供(3月21日実施)

三井広報委員会は、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)への2回目となる寄付を、2013年度に引き続き2014年度も実施した。CFCは、主に経済的な理由によって学校以外での教育を十分に受けることができない子どもたちに対し、教育クーポンを提供することで、塾や習い事など学校外教育の機会を保障する活動を行っている。

3月21日、仙台市でクーポン贈呈式が開催され、三井広報委員会を代表して三井生命企画部広報IRグループ・横井博調査役が出席。式ではCFCの今井悠介代表理事が、支援を受けている子どもたちを代表して出席した18名にクーポンの目録を手渡した。

クーポン利用者代表としてスピーチした子どもたちは、「安心して勉強できるのもクーポンと家族のおかげ。将来は数学の先生になりたい」という言葉や「地域の復興に携わるため、公務員になりたい。大変なことも多いが、前を向いて頑張りたい」と語り、支援の意義を感じさせた。

「昨年に続き2回目の寄付となりますが、被災した子どもたちに教育クーポンを届けるという素晴らしい取り組みが着実に拡がってきていると感じています。また、昨年もクーポンを利用した中学生のお母様から、『塾や習いごとに頑張っている娘の姿を見て、自分もとても励まされた』と伺い、子どもたちだけでなく、ご家族の役にも立っているようで、三井広報委員会として、微力ながら被災地支援の一助となったことを嬉しく思います」(横井氏)

  • 写真

    横井氏(右から2番目)と三井広報委員会の寄付でクーポンが提供される子どもたち

2015.03.20
千葉で三井ゴールデン・グラブ野球教室開催 少年野球指導者に元プロが基本を伝授(3月14日実施)

三井広報委員会は、少年野球の指導者に守備の基本を指導する「三井ゴールデン・グラブ野球教室 千葉教室」を、千葉県千葉市の稲毛海浜公園野球場で3月14日に開催、地元の少年野球チーム指導者109名が参加した。同野球教室は、三井ゴールデン・グラブ賞受賞歴を持つ元プロ野球選手を講師に迎え、少年野球の指導者を対象として守備の基本を教えるもので、今回が11回目。

講師は屋鋪要氏(外野手、巨人OB)、西崎幸広氏(投手、日ハムOB)、宮本慎也氏(内野手、ヤクルトOB)、里崎智也氏(捕手、ロッテOB)と、石川慎二トレーナーの5名。各講師によるポジション別指導や子どもの傷害予防についての講義に加え、グラウンドを広く使って実際に体を動かしながら学ぶ投手・野手の連係プレーといった実践的な指導や活発な質疑応答が行われた。

参加者からは「豪華な講師陣に感動した。子どもへの教え方という点でもわかりやすく、非常に参考になった」といった感想が聞かれ、好評のうちに幕を閉じた。

  • 写真

    熱の入った指導をする屋鋪氏

  • 写真

    地元千葉ロッテOBの里崎氏が捕手の基本をレクチャー

2015.01.16
三井広報委員会にCFCから感謝状 東北の子どもたち支援で(12月18日実施)

三井広報委員会は、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(CFC)から2014年12月、感謝状を授与された。

同委員会は2013年度から、経済的な理由により学校外教育の機会を得られない子供たちに教育クーポンを提供しているCFCの活動に協賛し、特に東日本大震災で被災した東北地方の子どもたちを対象とした寄付や東北楽天ゴールデンイーグルスの試合への観戦招待などの支援を行っている。

今回、同委員会の支援に対し、CFCの今井悠介代表理事から感謝状が贈呈され、同委員会を代表し、三井生命企画部広報IRグループ・横井博調査役が受け取った。

  • 写真

    三井広報委員会を代表し感謝状を受け取った横井氏(右)、CFCの今井代表理事(左)