三井広報委員会について

三井広報委員会
活動紹介パンフレット (4.4MB)
イメージ

ふれあいトリオ 文化・教育支援、社会貢献活動による全国の人たちとの心のふれあい

「ふれあいトリオ」とは「ふれあいコンサート」、「ふれあいプログラム」という文化・教育支援活動、および「ふれあいマーケット」という社会貢献活動の三つの活動の総称です。2003年よりスタートしたこの活動は、2008年までに約250公演、参加者6万人以上を数えました。

三井広報委員会としての活動は2008年をもちまして終了いたしました。
以下の活動は、2003年から2008年までの活動記録です。

現在の「ふれあいトリオ」の活動はこちらをご覧ください。
ふれあいトリオ

「ふれあいコンサート」

ヴァイオリニストの吉田恭子さん、チェリストの渡部玄一さん、ピアニストの白石光隆さんのピアノトリオによる一般向けコンサートで、全国各地のホール、文化財団、NPO などが主催となっておこなわれます。普段縁遠い本格的ホールで、ひとりでも多くの方々に良質な音楽を聴く喜びを感じて頂く機会を提供するもので、演奏の間には演奏家自身による曲や作曲家の解説もまじえます。また、参加型プログラムコーナーでは、聴衆も体でリズムをとるなど音の楽しさを体験して頂きます。なお、この特別版としてホールで聴く機会の少ない障がいのある方々のみを対象としたコンサートも開催しています。

写真

「ふれあいプログラム」

ふれあいコンサートを開催するホール近隣の小中学校などを訪問し、音楽指導やミニコンサートをおこないます。毎回趣向を凝らしたイベントプログラムを展開し、目や耳を通して質の高い生の音楽に親しんで頂きます。音楽づくりには子どもたちも加わってその楽しさや感動を味わってもらうとともに、父兄などの参加を通して地域コミュニティーづくりにも貢献しています。

写真

「ふれあいマーケット」

三井広報委員会の社会貢献活動の一環です。各地の障がい者共同作業所と協力して、コンサートホールのロビーにて障がいのある人たちが作業所で創った製品や工芸品などを販売する場を提供し、三井広報委員会会員各社の社員もその販売を手伝っています。初めて作業所の存在を知る方が多いにも拘わらず積極的に購入頂いており、毎回多くの人で賑わい好評を得ています。多くの人に作業所の存在を知って頂くと同時に、障がいのある方々の社会参加の道を広げていこうというものです。

写真

写真:岩切 等